狂気の愛|MOVIE WALKER PRESS
MENU

狂気の愛

1987年11月28日公開,0分
  • 上映館を探す

ドストエフスキーの「白痴」をもとに、愛する女を手に入れるために暴力抗争に直面した男を主人公にしたヴァイオレンス・アクション。1985年のマドリッド映画祭主演女優賞(ソフィー・マルソー)。製作はアントワーヌ・ガナージュ、監督は「私生活のない女」のアンジェイ・ズラウスキ、撮影はジャン・フランソワ・ロバン、音楽はスタニスラが担当。出演はソフィー・マルソー、フランシス・ユステール、チェッキー・カリョほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1986年、パリ。列車に乗っている二人の男。ハンガリーからやって来た一文無しのプリンス、レオン(フランシス・ユステール)と、強盗を働いてきた与太者ミッキー(チェッキー・カリョ)だ。二人は互いに親しみを感じる。ミッキーの目的は二つ。七年間の刑期を終えて出所した父親に出所祝いを用意することと、愛する女マリー(ソフィー・マルソー)を手に入れることだ。だが、マリーはパリの暗黒街を仕切っているヴナン兄弟に囲われている身だ。ミッキーとレオンはヴナン兄弟のアパルトマンを襲撃しマリーを奪還した。そして、ジルベール、エドガーとヴナン兄弟を殺し、残るのは兄弟の頂点に君臨するシモン一人。シモンの許にいるレオンのいとこアグレーは、レオンを救うべくマリーと取引きし、シモンを与太者たちに殺させる。ヴナン兄弟は全滅し、ミッキーとマリーの闘いは終わった。ミッキーはマリーを連れていき、アグレーはレオンをあずかった。だが、ミッキーはマリーが自分を愛していないことを知り、彼女を殺した。

作品データ

原題
L'Amour Braque
製作年
1985年
製作国
フランス
配給
シネセゾン
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?