TOP > 映画作品を探す > メロ

1926年のパリを舞台に男性2人と1人の女性をめぐって展開する愛の葛藤を描く。製作はマラン・カルミッツ、監督は「アメリカの伯父さん」のアラン・レネ、原作はアンリ・ベルンスタイン、撮影はシャルリー・ヴァン・ダム、音楽はフィリップ・ジェラールが担当。出演はサビーヌ・アゼマピエール・アルディティほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1926年6月。夜。パリ郊外のモンルージュの家の庭。パリのコンセルヴァトワールの学生時代からの親友ピエール・ベルクロワ(ピエール・アルディティ)を、マルセル・ブラン(アンドレ・デュソリエ)が訪ねた。彼は今では世界的に有名なヴァイオリニストとして各地を演奏旅行で回っていた。4月には、ピエールがコンサート・マスターをつとめるコンセール・コロンヌと協演したが、その時はピエールの妻ロメーヌ(サビーヌ・アゼマ)が風邪で来なかったが、今夜、2人は初めて対面した。ピエールとロメーヌの間には子供はなく、2人はまるで恋人同志のように、マニーシュ、ピエロ、とお互いを呼び合っていた。初めて会ったロメーヌに、マルセルが、自分が体験した恋の話を語って聞かせた。独身のマルセルは、旅行のたびに情熱的な恋を展開している風だった。ピエールがわけも分らぬ間に、翌日、マルセルが彼女のために、パリの邸で演奏する約束をとりかわした。翌日の午後、ロメーヌが伴奏してマルセルが奏く曲は、彼とピエールが学生時代から愛の告白の曲として親しんでいたブラームスのヴァイオリン・ソナタ第一番だ。親友ピエールを思って、l人で来たロメーヌに悪態をはくマルセル。やがて、2人は本当の恋に陥った。演奏旅行の長い旅に出かけなくてはならなくなったマルセルは、ロメーヌにピエールとの別れをせまり、せめて演奏旅行から帰ってきた時には、そうなっていてくれと彼女に誓わせて旅に出る。苦しんだロメーヌはピエールに毒を盛った。そのことを、以前から知っていたロメールの従妹で心ひそかにピエールを慕っているクリスチアーヌ(ファニー・アルダン)。戻ったマルセルは意外に冷たかった。ピエールのもとに戻るように言われたロメーヌは、絶望しセーヌに身を投げるのだった。

作品データ

原題 Melo
製作年 1986年
製作国 フランス
配給 フランス映画社
上映時間 112
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/16更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > メロ