007/リビング・デイライツ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

007/リビング・デイライツ

1987年12月12日公開,132分
  • 上映館を探す

英国情報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第15弾。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン、監督は「007/美しき獲物たち」のジョン・グレン、原作はイアン・フレミング、脚本はリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・バリーが担当。主題歌はA・H・Aが唄っている。出演は四代目ボンドにティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジョー・ドン・ベイカーほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

欧州での東西の情報戦が熾烈を極めるなか、KGB高官コスコフ将軍(ジェローン・クラッペ)が亡命を望んでることを知ったボンド(ティモシー・ダルトン)は、チェコに飛んで、計画を実行。美しきチェリストのカーラ(マリアム・ダボ)の妨害にあうが、亡命は成功。英国に渡ったコスコフは、M(ロバート・ブラウン)と国防大臣(ジェフリー・キーン)に西側スパイ暗殺計画の情報を提供。KGB現長官プーシキン(ジョン・リス・デイヴィス)が指揮するその計画を阻止するために、ボンドはタンジールに向かった。むろん、ミス・マネーペニー(キャロライン・ブリス)やQ(デスモンド・ルウェリン)のはげましと、助力(秘密兵器)を得てだ。ウィーンでカーラと出会い、彼女がKGBに追われているのを知るボンドは、英国より脱出したコスコフが国際的武器商人ウイティカー(ジョー・ドン・ベイカー)とつながりがあるのをつきとめる。ダイヤと麻薬をさばいて巨額の富をきずいていた彼ら。プーシキンとボンドは手を組み、一計をはかるが、ボンドとカーラはつかまり、ウイティカーらにアフガニスタンに連行される。しかし、反共ゲリラに助けられたボンドらは、ウイティカーの計画--欧州最大大麻産出地帯よりの五千万ドル、五千キロの麻薬取引きを阻止する。陸から空ヘの大攻防戦の末、かくして、悪党どもの計画はつぶれ、ボンドのスーパー・ヒーローぶりが改めてみとめられるのだった。

作品データ

原題
The Living Daylights
製作年
1987年
製作国
イギリス
配給
UA=UIP
上映時間
132分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • フジ三太郎

    3
    2020/3/28

    今作からボンド役がティモシー・ダルトンに交代。
    誰がやっても、007ブランドは揺るがないのは確か。
    劇伴のジョン・バリーが珍しく新しいアクション曲を書いている。
    主題歌はa-ha。MTV時代にバカ売れした。
    雰囲気は「女王陛下」寄りの、ソ連の美貌チェリストを守りつつ、ボンドが国際武器商人、裏切り者のソ連の将軍と闘う。前半は東ヨーロッパのチェコ、後半はソ連が侵攻したアフガニスタンが舞台。
    ジョン・グレン監督は、アクションだけやってりゃいい訳で、チェリストとのメロドラマはアクションが途切れるだけ。今回、ダルトンを「女王陛下」のレーゼンビー風に設定したのはまあまあ当たり。ボンドよりCIAのレイターの方が女を侍らせているのはご愛嬌か。
    全体にお色気が足りないと見たのか、今回初めて?ボンドガール(プーシキン将軍の愛人)のおっぱい・乳首が見える笑。ただし斜め後ろの角度からギリギリ映る程度。

    今作はスパイ亡命「エスピオナージ」風と「アラビアのロレンス」を一緒にしており、定番に徹したので、破綻はないものの、コスコフ将軍の描き方が弱い。
    やはりこの監督は人間を描くのが下手。

    表題にある通り、製作のパパ・ブロッコリと脚本家メイバウムは、ダルトン次作の「消されたライセンス」で引退する。共同製作者として、バーバラ・ブロッコリの名前もクレジット。この頃まだ28
    才。そして製作者のバトンを、娘が父から受け継ぐのであった。
    脚本家メイバウムは名残惜しい。007は毀誉褒貶だったが、「女王陛下」のような傑作も書けるのだから。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • えつこ

    4
    2006/12/22

    多分、こういうシリーズではありがちだけど・・・
    登場人物が多くて、誰が敵で誰が見方か、顔も名前も区別が付かなくなる!
    自分のバカさを感じます・・・

    でも、かっこいい!ってひきつけられた。
    もう一度見たら、ちゃんと理解できるかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告