007/ムーンレイカー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

007/ムーンレイカー

1979年12月8日公開,126分
  • 上映館を探す

ハイジャックされた有人宇宙連絡船“ムーンレイカー”をめぐって、ジェームズ・ボンドがベニス、リオ、アマゾンそして大宇宙へと飛び出し、地球人類抹殺を企む謎の組織に挑むシリーズ11作目。製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は「暁の7人」のルイス・ギルバート、イアン・フレミングの原作を基にクリストファー・ウッドが脚色。撮影はジャン・トゥルニエ、音楽はジョン・バリー、編集はジョン・グレン、製作デザインはケン・アダム、視覚効果はデレク・メディングス、スタント・アレンジャーはボブ・シモンズが各々担当。出演はロジャー・ムーア、ロイス・チャイルズ、ミシェル・ロンダール、リチャード・キール、コリンヌ・クレリー、バーナード・リー、ジェフリー・キーン、デズモンド・ルウェリン、ロイス・マックスウェル、エミリー・ボルトン、トシロー・スガなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカからイギリスへ空輸中のスペース・シャトル“ムーンレイカー”が、アラスカ上空で突如何者かにハイジャックされた。捜査を委任された英国情報部は、007ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)を任務に当てた。早速、上司M(バーナード・リー)から事件の背後に浮かぶ謎の大物について聞かされ、彼は現地に飛んだ。その人物とは、独自の力で米国西部に宇宙センターを築き、NASA(米航空宇宙局)に協力して“ムーンレイカー”を開発、製造してきた謎の科学者ドラックス(ミシェル・ロンダール)だ。出迎えの女秘書コリンヌ(コリンヌ・クレリー)の操縦するヘリで降り立ったボンドの前に、不気味なカリスマ的ムードのドラックスが姿を現わした。センター内を案内されたボンドは、そこでNASAの協力員として研究に従事する女性科学者ホリー(ロイス・チャイルズ)と会った。その夜、ボンドは色仕掛けでコリンヌに迫り、ドラックスの書斎に侵入し、事件のカギとみられるマイクロ・フィルム撮影に成功した。しかし、手をかしたコリンヌは翌日猛犬のエジキにされた。フィルムに写っていたガラス店をたよりにベニスに飛んだボンドは、そこでドラックスの指命を受けた殺し屋たちに襲われ、猛烈なカー・チェイスを展開する。敵を倒すと、昼間目をつけておいたガラス店奥の秘密ラボに潜り、そこで貴重と思われる薬品のサンプルを手にした彼は、ドラックスの部下チャン(トシロー・スガ)の攻撃をかわし、同じくベニスに来ていたホリーの宿泊先へと押しかけた。ボンドは、そこで彼女がCIAのスパイであることを見破った。翌日、ロンドンから急行したMらの立ち合いのもとで、秘密ラボの現場検証が行なわれるが、それはドラックスらの陰謀により、跡形もなくなっていた。残る手がかりは、ガラス店にあったリオからの貨物便だ。現地に向かったボンドは、ドラックス産業系列の輸出入会社C&Wの慌しい動きを監視するが、その頃彼と同じ行動をホリーもとっていた。互いに牽制しながらも行動を共にしていた2人は、シュガーロー山をケーブルで下山している途中、チャンの亡き後に雇われたジョーズ(リチャード・キール)に襲われ、ホリーが敵に捕えられてしまう。リオの情報部出先に出頭したボンドは、Mから謎の毒ガスが、アマゾン上流で採れる黒蘭から抽出した特殊神経ガスであることを知らされた。秘境に向かったボンドを、またもやジョーズが襲った。危機を脱したボンドの前に、一人の美女が現われ、彼を巨大な古代遺跡群に案内した。その地下にあるとてつもなく広がる宇宙基地こそ、敵の牙城だった。彼らは動植物を除いて地球人類を抹殺し、選ばれた新人類による帝国を築こうとしていた。ボンドとホリーを閉じこめ毒ガスカプセルを積んだムーンレイカーがドラックスと新人類を乗せて飛び立った。そして辛くも脱出に成功したボンドとホリーも6号機を奪い、宇宙へ飛び立った。巨大な宇宙ステーションにドッキングした2人は、スキを見てステーションの位置をNASAに知らせた。しかし、それに気がついたドラックスはすかさず地球へ向けて毒ガス・カプセルを投下した。再び捕われの身になった2人は、ドラックスの新人類計画の盲点を衝いてドラックスとジョーズの引き離しに成功。その時、ボンドら救出のために駆けつけたコマンド部隊がドラックスの配下たちと戦闘を展開した。ボンドはドラックスを追いつめ、彼を宇宙の永遠の塵に変えてしまう。そして爆発寸前のステーションから無傷のムーンレイカーにホリーともども乗り移り、投下された毒ガスの追跡を開始した。そして、すべてを壊滅させ、人類絶滅の危機から救うのだった。

作品データ

原題
Moonraker
製作年
1979年
製作国
イギリス
配給
ユナイト
上映時間
126分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • フジ三太郎

    2
    2020/3/1

    007としては、堕落の極みの作品。
    ハリウッドが先にコバーンの「電撃フリント」シリーズで宇宙スパイアクションを展開しているし。
    悪役ドラックスを演じたのは、「ジャッカルの日」で、殺し屋ジャッカルを追うフランスの警部役を演じた、ミシェル・ロンズデール。

    ムーア版は、人気者を使い回す傾向があり、ここでも前作のジョーズを連投。後半、「異形は受け入れられない」とジョーズに告げるボンド、さてこの先どうなる?
    スピルバーグのパロディは今作でも「未知との遭遇」をしつこくダシに。

    冒頭のスカイアクションは、クライマックスの伏線か? 多分そうでしょう。大気と重力が有るか無いかだけの違いなんで。
    ブラジルのイグアスの大滝が、初めて映画ロケ地に使われたようです。この映画の後、ブラジルの宣教師物「ミッション」なので。

    今作は余りに、流行りものばかり取り入れるので、陳腐化も早い。今の人が観ても恐らくつまらないでしょう。ミッション・インポッシブルの方が、本作より、よほど面白いです。

    なぜイギリスは、ブランド戦略が上手いのか、この映画を観てつくづく思います。
    腐っても鯛だな、と。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 晴耕雨読

    3
    2009/6/5

     荒唐無稽なアクション映画になってしまった“007・シリーズ”ですが、デートの題材として選択するのであれば、結構楽しめます。事実、宇宙ステーションが登場するシーンでは音楽の効果もあるのですが、女性観客から感激の溜息がもれていました。多分、最新技術を駆使した機械装置類だと思いますが、物理学の詳しい知識もない私にとっては魅力的でした。シリーズ第11作であり娯楽に徹したファンタジー映画となっている背景には、映画「スターウォーズ」が登場したことに便乗して宇宙で闘うボンドを作り上げたかったのでしょう。でもクライマックスの宇宙でのバトルは、1970年代後半のA級・SF映画と比較しても勝るとも劣りません。

     映画にはセクシャルな仕掛けがあります。裏切った女を「サンダーボール作戦」のような鮫が泳ぐプールに落としたり、逃げる女を番犬に追跡させるサディスティックでありながらエロチックなシーンなどは、「007・シリーズ」がファミリー映画となっても隠し味として存在しており、特に男の子にとっては、これが性へ目覚めるきっかけになるかもしれません。

     お馴染みのボンドの敵役は前作の悪役ストロンバーグより凶悪なヒットラーを彷彿とさせるドラックスであり、彼の宇宙船に乗っている配下の人間たちはアーリア系で肉体的に優良な上にブロンドという基準はヒットラーの野望そのものです。その野望を阻止するためにジェームズ・ボンドがドラックスに挑むのですが、今回のボンドガールは単なるお飾り的な女性ではありません。名前も「グッドヘッド」博士といい、ボンドの男性優位性は嘲笑されてしまう。ミッションを成就するためにパートナーとして彼女の知識や技能が不可欠という設定は男女雇用均等問題にも先駆けています。

    「007・シリーズ」の中でも一番パロディ的なボンドが演じる最もパロディ的作品ですが2時間の中に様々なエンターテインメントを散りばめた面白い映画であることは確かです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告