映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ルトヴィッヒ2世のためのレクイエム

バイエルン最後の王ともいうべき、ルトヴィッヒ2世の異常な快感と不安と夢が、オラトリオまたは中世の受難劇の形式で描かれていく。監督・脚本は35年生まれのハンス・ユルゲン・ジーバーベルク、撮影はディートリッヒ・ローマンが各々担当。出演はハリー・ベアバルタザール・トーマスヴァルデマール・ブレムイングリッド・カーフェンジギー・グラウエゲルハルト・メルツリースル・ハラーアースラ・シュトレーツなど。16、イーストマンカラー、スタンダード。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第1部呪い/ルトヴィッヒ2世(ハリー・ベア)は、大きな変革が行なわれようとしている世紀の時代に、19歳でバイエルンの国王として即位する。プロレタリアートが台頭し、国王には何の機会も与えられない。幼年時、父の側室ローラ(イングリッド・カーフェン)に呪いをかけられたルトヴィッヒ2世は、王位についた後も、政治を嫌い、夢の世界にひたる。「余の好きなものは、山々、森の空気、馬、ヴァーグナー、エドガー・アラン・ポー、そして神秘なる夜……」。そんな彼は、精神病発作のため治療を受けている弟オットー(ジギー・グラウエ)を見舞い、直観的に自分の終末を語るのであった。 第2部かつて我ありき/未来を予見させるような悪夢。マリー・アントワネットとルイ14世が語り合い、ヒットラーと突撃隊長がヴァーグナーの曲にのって踊り、バイエルンの国がビスマルク帝国に併合されるまでの政治劇が悪夢として展開される。この夢に続き、さまざまな人物達が、ルトヴィッヒ2世と帝国の思い出を語る。例えば、1人の農婦アンナ(リースル・ハラー)、歌手のブリオスキー(アースラ・シュトレーツ)など……。ルトヴィッヒは死んでしまったのか? 彼は民衆の幻想のなかで、ワーグナーの劇の主人公の如く、胸に短剣を突き刺して愛の死を遂げる。この狂人あつかいで水死したルトヴィッヒ、彼の死は他殺か、自殺なのか不明である。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Ludwig-Requiem fur einen Jungfraulichen Konig
製作年 1973年
製作国 西ドイツ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ルトヴィッヒ2世のためのレクイエム