映画-Movie Walker > 作品を探す > シュトロツェクの不思議な旅

ベルリンからアメリカへ渡った男達の夢に、複雑に錯綜する現実がのしかかっていく彼らの旅を描く。製作はヴァルター・ザクサー、監督・脚本は「小人の響宴」のヴェルナー・ヘルツォーク、撮影はトーマス・マウフエド・ラッハマン、音楽はチェット・アトキンズソニー・テリーが各々担当。出演はブルーノ・Sエーファ・マッテスクレメンス・シャイツなど。16、イーストマンカラー・ビスタサイズ。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ベルリンの刑務所より釈放されたシュトロツェク(ブルーノ・S)は、娼婦エーファー(E・アッテス)と再会。彼は年金生活者のシャイツ老人(C・シャイツ)と共に、彼女を共同生活者に迎えるが、彼女の情夫達より脅迫を受ける。3人は、それからのがれるために、アメリカはウィスコンシンに渡り、モービル・ハウス(移動式住宅)をローンで購入した。アメリカでは働きさえすれば金持ちになれると信じるシュトロツェクは自動車修理工場に、エーファーはウェイトレスとして各々働き、シャイツは奇妙な理論に熱中する。しかし、彼らは月賦が払えず、住宅は人手に渡り、エーファーはトラックの運転手とカナダへ駆け落ち。金に困ったシュトロツェクとシャイツは強盗をはたらき、奪った32ドルでスーパー・マーケットに買物に行き、シャイツは捕まる。一方、逮捕をまぬがれたシュトロツェクはインディアン居住地区へ逃げ込む。インディアンの服装の彼は、遊戯場の人形のスウィッチを入れ、スキー・リフトで山へ登っていく。やがて、警官隊が到着し、無人で燃えていたトラックは爆発し、リフトの方から銃声が聞こえてくる。旅は終わったのだ。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Stroszek
製作年 1977年
製作国 西ドイツ
配給 東京ゲーテ・インスティトゥート提供
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > シュトロツェクの不思議な旅

ムービーウォーカー 上へ戻る