TOP > 映画作品を探す > 愛の燈明

メアリー・ピックフォード嬢のユナイテッド・アーチスツ社第3回作品で、「青春の夢(1920 Powell)」を脚色したフランセス・マリオン女史が原作及び監督をした。対手役はユ社の新連続「鷹の爪」で大活躍をするフレッド・トムソン氏で、その他エディ・フィリップス氏、アルバート・フリスコ氏等が出演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

風薫るイタリア海岸にアンジェラはアメリカ人だと思ってドイツの間諜を夫として暮していたが、兄2人は戦争が始まるや出征してしまい、夫も捕えられるよりはと断崖から飛下りて死ぬ。村の人々は彼女が気が狂ったと思って赤ん坊を連れて行くし、哀れ彼女は涙の日を送らねば成らなかったが、それもやがて昔から変らぬ愛を捧げていた村の若者が情によって、彼女は幸福な生活に入る事が出来た。

作品データ

原題 The Love Light
製作年 1921年
製作国 アメリカ
配給 ユナイテッド支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 愛の燈明