想い出の夏休み|MOVIE WALKER PRESS
MENU

想い出の夏休み

1976年6月22日公開,0分
  • 上映館を探す

少年から青年へと移り変る思春期の中の少年少女を、郷愁をこめて描く。75年ベルリン国際映画祭銀熊監督賞受賞作品。監督はセルゲイ・ソロビヨフ、脚本はA・アレクサンドロフとS・ソロビヨフ、撮影はレオニード・カラーシニコフ、音楽はイサーク・シュワルツが各々担当。出演はボリス・トカレフ、タチヤーナ・ドルバチ、イリーナ・マルイシェワ、ユーリー・アギーリンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

陽の光がまぶしい暑い日、水辺に立つレーナ(タチヤーナ・ドルバチ)を見、ミーチャ(ボリス・トカレフ)は恋心をいだいた。同じクラスのレーナが、こんなに素晴しいとは……。だが、彼女は、秀才で衆目の羨望を集めているグレーブ(ユーリー・アギーリン)に心を惹かれている。ある日、農場でキャベツの収穫作業をしていた時、グレーブの不正をミーチャは全員の前で暴いた。喧嘩となる2人。やがてそんな日々もすぎ、夏休みも終ろうとする頃、ついにミーチャはレーナへ愛を告白するが、レーナの口からはグレーブへの愛が告げられた。失恋するミーチャは水辺をさまようが、その彼に愛を告白した少女がいた。ソーニャ(イリーナ・マルイシェワ)だった。しかし、レーナの親友ソーニャの気持を抑えるかのように、ミーチャは、このひと夏の想い出を忘却のかなたへ追いやろうと、心に決めるのだった。やがて、夏はすぎていく--。

作品データ

原題
Sto Dnei Posle Detstva
製作年
1975年
製作国
ソ連
配給
日本海映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • ソルビエ

    5
    2014/3/2

    1976年の封切時、東京で妻と見ました。冒頭、シャルル・アズナーブルの「イザベル」で始まるので、ソ連の林間学校が、イメージと違い、たいへん興味深かったのを覚えています。もう1つ。主人公の少年が憧れる、近寄りがたい美少女は黒髪・黒い目で、逆に、少年を愛しているのは、庶民的な金髪の娘。ハリウッド映画と逆の美意識が印象的でした。今では、ロシア人も金髪がお好きのようですが・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告