ブーメランのように|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブーメランのように

1976年12月25日公開,0分
  • 上映館を探す

罪を犯した息子を警察から護ろうと、地位も財産も投げ打った父親の父性愛を描く。製作はレイモン・ダノンと、主演者でもあるアラン・ドロン、監督・脚本は「ル・ジタン」のジョゼ・ジョヴァンニ、撮影はビクトール・ロドリゲ、音楽はジョルジュ・ドルリュー、美術はウィリー・ホルト、編集はフランソワーズ・ジャヴェが各々担当。出演はドロンの他に、シャルル・ヴァネル、カルラ・グラヴィーナ、シュザンヌ・フロン、ルイ・ジュリアンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

今年16歳になったばかりのエディ・バトキン(ルイ・ジュリアン)は、退廃的な麻薬パーティの仲間入りをして間もないある日、踏み込んで来た警官を恐怖のあまり、反射的に近くにあった銃で射殺してしまった。エディの父のジャック・バトキン(アラン・ドロン)は、手広く輸送会社を経営する実業家で、エディは再婚したミュリエル(カルラ・グラヴィーナ)との子ではなく、前妻との間に出来た子だった。留置場でエディと再会したジャックは、徹底的に弁護するから、と立ち直るように励ました。ジャックの顧問弁護士リテール(シャルル・ヴァネル)もエディを救出すべく、老いの身を投げうつ覚悟を固めた。数日後、ジャックは、死んだ警官グリマルディの未亡人(シュザンヌ・フロン)を訪ねた。ジャックの誠意が通じたのか、夫人はかたくなな心を柔らげ、告訴を取り下げる約束をしてくれた。だが、新聞が一斉に、ジャックの前身を暴露したために--前科者であり、ギャングのボスであったという過去--夫人は、一転してエディを起訴した。10年前までは確かにジャックは裏街道を歩いていた。だが、その世界から足を洗うために払ったこの10年間の辛苦が、ジャックを一流の実業家に変身させたのである。ジャックは、エディを麻薬パーティに引きづり込んだ連中を捜しまわり、叩きのめした。こんなジャックを見ているミュリエルとリテールは、彼がまた以前の生活に戻っていくような危険を感じていた。「パパ、僕、死にたくないよ!」と叫ぶエディを見る度にジャックの心はかきむしられるようだった。エディと同じ牢にかってのジャックの子分が収容されており、彼から賭博場を経営しているパスカルというボスの存在を知った時、ジャックは動揺した。ジャックの心理的変化の危険をリテールから知らされたエディは、父のために死のうと自殺未遂を企った。ついにジャックは、パスカルの力を借りて、エディを力づくで奪回する決意をした。その日、囚人護送車で転送されるエディを、パスカルの部下たちか奪回に成功した。ジャックとエディは非常線の張られている飛行場を避け、サン・マルタン山岳地帯からイタリアの国境へと逃亡した。数刻ののち、残雪きらめく山野を、国境線に向って、必死に走るジャックとエディの姿があった。だが、その二つの影を追う警察のヘリコプターが、上空から銃の狙いを定めた……。

作品データ

原題
Comme un Boomerang
製作年
1976年
製作国
フランス
配給
東映洋画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?