映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛の弾丸

「紅唇罪あり」「相寄る魂」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、アニー・オークリーの実話に基いてジョセフ・フィールズエワート・アダムソンが協力して書き卸し、「女装陸戦隊」のジョエル・セイヤーと「快勇二丁拳銃」のジョン・ツウィストが共同脚色し、「乙女よ嘆くな」「旅烏子供連れ」のジョージ・スティーヴンスが監督に当たり、「洞窟の女王」「深夜の星」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演は「ポンペイ最後の日(1935)」「男の敵」のプレストン・フォスターを始め、「社長は奥様がお好き」のメルヴィン・ダグラス、「三銃士(1935)」のモローニ・オルセン、「バワリイ」のパート・ケルトン、「小牧師(1934)」のアンディ・クライド、酋長サンダーバード等という顔ぶれである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1880年代の事、米国オハイオ州の片田舎に的射ちの名人がいた。これが花も恥じらうアニー・オークリーという美しい乙女だった。シンシナチ市では当時世界一の射撃手と言われるトビー・ウォーカーが競技会を催していた。彼の高慢な態度に心よからぬ人々は的射ち名人を乙女とは知らぬために、相手にさせる事となった。試合はトビーや人々の予期に反してアニーの方がむしろ優勢だった。アニーはトビーの美貌に心ひかれたのと彼を負かせては気の毒という心から故意に負けて田舎へ帰った。が、彼女を認めたのはジェフ・ホガードだった。彼は当時全米の人気の中心たるバッファロー・ビルの大サーカスの支配人で、トビーを契約しに来たのであるがついでにアニーも契約した。アニーとトビーはサーカスでは敵手であったが、いつしか慕い会う仲となり、トビーはアニーに芝居気を加味した派手な射撃法を秘かにコーチしてやったりした。その後アニーとトビーはサーカスのスターとして活躍し、世界射撃選手権争奪を売り物とするに至った。そしてアニーが優勝したため、トビーは次第に落ち目になった。そしてある日、眼に火傷をして視力が弱っているとき、トビーはねらいを誤ってアニーの右手に怪我させた。アニーは過失と信じたが一座の人々は故意に射たと認めてトビーを放遂した。一座は欧州巡業にいき、王侯貴族の前でアニーは射撃の妙手を演じたが、トビーと別れた彼女は快々として楽しまなかった。ニューヨークに帰朝したとき、アニーの胸中を知る一座のインジアン酋長のシッティング・ブルは、偶然、トビーが裏町の射的屋の手代になっているのを発見して、アニーを伴っていき、アニー・オークリーは愛を得たのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Annie Oakley
製作年 1935年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛の弾丸