アデルの恋の物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アデルの恋の物語

1976年4月24日公開,0分
  • 上映館を探す

フランス近世の文豪ビクトル・ユーゴーの次女アデルの激しい恋を描く恋愛映画。製作・監督は「アメリカの夜」のフランソワ・トリュフォー、脚本はトリュフォーとジャン・グリュオー、シュザンヌ・シフマンの共同、原作はフランセス・V・ギールの「アデル・ユーゴーの日記」(Journal of Adele Hugo)、撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はモーリス・ジョーベール、編集はヤン・デデが各々担当。出演はイザベル・アジャーニ、ブルース・ロビンソン、シルヴィア・マリオット、ジョゼフ・ブラッチリーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一八六三年、フランスではナポレオン三世が勢力を持ち始め、ここ新大陸では北米に内乱(南北戦争)が勃発した頃、英国は植民地カナダに派兵し、海外からの入国チェックをしていた。港町アリファックスに一人のうら若き乙女が上陸した。名をアデル(イザベル・アジャーニ)といい、下宿先サンダース家に身を寄せた。アデルは翌日、公証人を訪ね、英国騎兵中尉アルバート・ピンンン(ブルース・ロビンソン)の捜索・調査を依頼した。彼こそアデルが思ってやまぬ初恋の男であり、英領ガーンジー島の両親のもとを出奔し、たった一人異国の地を踏んだのも、ひたすら中尉に逢いたいが一心からだった。数日後、サンダース家の主人が英国軍の歓迎パーティへ出席することを知らされたアデルは、ピンソンへの手紙を託したが、しかしそれはすげなく無視された。アデルはガーンジー島の両親のもとへとせっせと手紙を書き送った。父は「ノートルダム・ド・パリ」「レ・ミゼラブル」を著わした大文豪ビクトル・ユーゴーで、手紙の内容はピンンンへの綿々たる追慕の念、そして生活費の無心だった。数日後、よもやと思われるピンソンが下宿を訪ねてきた。高鳴る胸の動悸を懸命に押え、精一杯の身づくろいをしてアデルは彼の前に姿を現わし、執拗に二人の愛の確認を迫るのだった。しかし、心はすでに彼女にないピンソンの態度は、ツレなかった。泣き叫び必死に彼の心をつなぎとめようとする哀れな女の心情がかえって男の気持ちを遊離させた。精神的疲労がたび重なったアデルはウィスラー氏(ジョゼフ・ブラッチリー)が経営する本屋の前で倒れた。サンダース夫人(シルヴィア・マリオット)の看病を受けながら病床から両親へ宛てて手紙を書く毎日が続いた。「このたび、ピンソン中尉と婚約しました……」。折り返し、愛娘の一途な気持を慈しむ父ユーゴーから結婚承諾書が届いた。しかし、新聞に報道されたことにより、ピンソンは上官の叱責を受け、何もかもアデルの仕組んだウソとバレたのは間もなくだった。増々、常軌を逸した行動に走るアデル。催眠術師を使って彼の心を戻そうと画策したり、ピンソンの某令嬢との結婚にも横槍を入れた。そんなとき、アデルの母がブラッセルで死亡し、同時にピンソンの隊にカリブ海バルバドス島への派遣命令が下された。あくまでも男の後を追うアデル。ボロ布のような姿で島の通りをふらつく彼女には、まさに鬼気迫るものがあった。一方、アデルという女の執念深さに驚く新婚間もないピンンン。しかし、熱帯の土地で熱病に襲われたアデルが、再びピンソンと逢いまみえたとき、彼女は既に意識がなかった。数日後、アデルはユーゴーを知る土地の夫人に伴われフランスに帰ってきた。ヨーロッパではさまざまな変化があった。ナポレオン三世の失脚により、ユーゴーの帰国が可能になり、彼は十八年間の亡命の後、パリに帰りついたのだ。父と娘は再会し、彼女をサン=マンデの精神病院に入れた。その後アデルはその病院で四十年間を過ごし符号化した日記を書き続けた。父ユーゴーは一八八五年五月二二日“黒い光が見える”といいながら死んだ。フランス中が深い悲しみに沈み、遺体は凱旋門の下に一晩中安置され、翌日は二百万のパリ市民がエトワール広場からパンティオンまで柩のあとに続いた。その娘アデルはヨーロッパが二つに分かれて戦った第二次大戦のさなかの一九一五年四月二五日、ひっそりと死んでいった。

作品データ

原題
L' Histoire D' Adele H.
製作年
1975年
製作国
フランス
配給
ユナイト
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.6
  • たっかん

    5
    2016/6/19

    この映画、学生時代に通っていた名画座の八重洲スター座で上映されていた時に観た気がしていたが、当時のノート(記録)を確認したら未見だったようなので、観た。

    イザベル・アジャーニがとてつもなく綺麗。

    まず、この物語は実話である、との表記あり。
    ルーリーと名乗る若い女性(イザベル・アジャーニ)が、フランスからアメリカに船で上陸する場面から始まる。
    ルーリーいわく、「姉の婚約者であるピンソン中尉を調べに来た」とのことだったが、自分が婚約した女性のアデルであった。
    アデルがピンソン中尉を探すシーンで、兵士に扮したトリュフォーが映るのは遊び心か。

    アデルの父親は、大詩人のビクトル・ユゴーだった。
    途中、本屋で「レ・ミゼラブル ビクトル・ユゴー」の本を渡されて激怒するアデルの気性の激しさ。

    しかし、なぜ、あんな男を好きになって追いかけているのか、理解できない女心である。

    しかし、気性の激しさは、アデルの眼から涙があふれるシーンがあり、これは凄い場面だと思った。うっかりすると見逃しそうな場面。

    凄い人生を送った女性が居たのだなぁ、という感動あり。

    フランソワ・トリュフォー監督の作品の中でも、ピカイチの傑作である。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ネット紋次郎

    5
    2006/10/20

    私のベスト1映画。
    初恋の映画と言ってもいい。
    初めて観た高校生の頃、この映画、アデル、イザベル・アジャーニに恋をして、映画館に通い詰め、のめり込んで観ながら、涙を流していた。あれから何十回観たか?わからない。人に薦めても、”暗い”とか、”やりきれない”という人が多い。確かに暗く、重いけど、自分の感情のおもむくままに突き進んで行く主人公はある意味、潔くて、清々しくて感動的だ。
    トリュフォーの演出もテンポが良く、ユーモアもあるので、内容に関わらず、何度観ても飽きない。イザベル・アジャーニがとにかく素晴らしい。可愛くて、愛しい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • しゅうりん

    4
    2006/10/8

    評価が一つ少ないのは、
    これを見られるのは、体調が万全でないと
    まずいから。
    だって、つらすぎます。
    愛し合った時代があって、
    別れがある。
    それは今も昔も同じこと。
    それなのに、片方が固執してしまったことから
    こんな悲劇が。。。
    アジャーニの透明感が凄惨なまでに美しい。
    最後、自分が最愛と思っていた彼と
    すれ違ってももうわからない。。。
    彼女は、彼を愛し求める自分自身を
    愛していたということなのでしょうか。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告