猛獣大脱走|MOVIE WALKER PRESS
MENU

猛獣大脱走

1984年3月3日公開,0分
  • 上映館を探す

動物園内の飲料水に薬物が混入し、それを口にした園内の猛獣たちが都市で暴れまわる姿を描いたパニック映画。製作はフェデリコ・プロスぺリ、監督・脚本は「さらばアフリカ」のフランコ・プロスぺリ、撮影はグリエルモ・マンコーリ、音楽はダニエレ・パトゥッキが担当。また、動物のトレーナーとしてパスクァーレ・マルチーノとジャンカルロ・トリべルチが参加、アニマル特殊効果をアルバロ・パッセリが手掛けている。出演はジョン・アルドリッチ、ロレーヌ・ド・セル、ウーゴ・ボローニャ、ルイザ・ロイド、ロイ・ロジャースなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

青年獣医リップ(ジョン・アルドリッチ)は、友人のウェルナー警部(ウーゴ・ボローニャ)からの電話で寝入りばなを起こされた。車でデート中の若い男女の惨殺死体が発見されたというのだ。事件現場に急行したリップは、目を覆うばかりの凄惨な死体に愕然とする。その場から調査用サンプルを採取し、リップは動物園内の研究所に向かった。到着した時、動物園は異様な雰囲気に包まれていた。コントロール・ルームに駆けつけたリップは、動物園を管理する最新鋭のコンピューターが故障しているのに気付く。園内をチェックすると、全ての檻から動物たちは消えていた。その頃、街には千頭を越す猛獣たちが出没し、交通機関を麻痺させただけでなく、次々に市民を襲い始めた。大人たちが子供たちを安全な場所に避難させている頃、猛獣たちが動物園内でエンジェルダストという薬物を、飲料水を通して摂取した事実が明らかになる。エンジェルダストとは、筋肉の力を90倍にさせ、凶暴性を昂める薬物なのだ。しかし、薬が効く時間は限られており、それが過ぎると猛獣たちは元の状態に戻るという。大人たちは胸をなでおろし、避難させていた子供たちのもとへと向かった。次々と到着する大人たちは子供たちが手に手にナイフなど兇器を持ち、興奮状態であるのに気付く。水飲み場の水が、エンジェルダストに汚染されていたのだ。後退りする大人たちに、目を異様に輝かせた子供たちが襲いかかる。果てしない狂気の世界から、市民は脱出できずにいるのだった。

作品データ

原題
Wild Beasts
製作年
1983年
製作国
イタリア
配給
東宝東和
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.7
  • 映画マニア1号

    3
    2019/6/1

     予備知識なしで観てしまったので、動物に襲われる人間たちのシーンが映像的にはチープでも、心理的にはダメージが大きかった。

     80年代のイタリア映画ですが、色んな映画に影響を与えているかのように印象的な映像が多い気がする。

     ラストのオチが想定外で自分はカルト的な面白さを感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告