フランス軍中尉の女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フランス軍中尉の女

1982年2月27日公開,123分
  • 上映館を探す

英国ビクトリア朝時代に“フランス軍中尉の女”とさげすまれた一人の女性の愛の物語を現代の俳優が演じるという二重構造のラブ・ストーリー。製作はレオン・クロア、監督は「ドッグ・ソルジャー」のカレル・ライス。「コレクター」のジョン・ファウルズの原作を基に「恋」のハロルド・ピンターが脚色。撮影はフレディ・フランシス、音楽はカール・デイヴィス、編集はジョン・ブルーム、製作デザインはアシュトン・ゴートン、衣装はトム・ランドが各々担当。出演はメリル・ストリープ、ジェレミー・アイアンズ、レオ・マッカーン、リンジー・バクスター、ヒルトン・マクレー、ペーシャンス・コリアーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1980年5月。英国ドーセット州ライム・レジスでアメリカ人女優アンナ(メリル・ストリープ)と英国の若手俳優マイク(ジェレミー・アイアンズ)が新作の撮影に入っていた。ビクトリア朝時代を舞台にした大恋愛映画である―時代は1876年。考古学研究のために、イングランド南西部の小さな漁村ライム・レジスに滞在中の考古学者チャールズ(ジェレミー・アイアンズ)は、地元の権力者の娘アーネスティナ(リンジー・バクスター)との結婚を決意した。彼女は、喜んでプロポーズを受けると、早速彼と共に海岸線へと散歩に出た。そして、荒波が吹きよせる埠頭の先端に人影を見るチャールズ。「あれがサラ・ウッドラフ(メリル・ストリープ)、フランス軍中尉の女よ」。アーネスティナが冷やかに言った。「気をつけて」思わず声をかけたチャールズに目を向けた黒マントの女サラは、蒼白で悲しみに沈んだ表情をしていた。その日から、チャールズの胸裏にサラのことが焼きついていった。一方、雇い主に死なれたサラは、厳格で知られるポートニー夫人(ペーシャンス・コリアー)のもとで働くことになった。やがて、化石の宝庫であるアンダークリフと呼ばれる場所でチャールズは再びサラを見かけた。そこは、サラにとって唯一の安らぎの場所だったのだ。初めて言葉を交わす2人。アンダークリフに来たことを内緒にして欲しいと告げて去るサラ。そして数日後、ポートニー夫人と共にアーネスティナを祝福するパーティーにやって来たサラは、チャールズに手紙を手渡し、その夜彼を墓地に誘い出した。そこで数日後にアンダークリフで会うことを約束したチャールズは彼女の行動を理解できないまま、医師グローガン(レオ・マッカーン)を訪問し、相談した。グローガンは、単に孤独を楽しんでいるサラの愛の犠牲者にならぬようにと忠告した。翌日、アンダークリフで、フランス軍中尉との悲恋を告白したサラに、チャールズは愛しさを感じた。自分を抑えてサラには会わないと決意する彼だったが、サラがポートニー夫人に追い出され失踪したという知らせを聞いて動揺した。納屋にいる彼女を見つけ、ロンドンヘと逃がし、彼は彼女を追ってロンドンへ発った。町の宿で初めて結ばれる2人。そこでチャールズはサラが処女であったことを知り茫然とした。彼はライムに戻り婚約を破棄するとサラの元へと急いだ。しかし、すでに彼女はいなかった……。このドラマを演じているマイクは、実際アンナを愛しはじめており、時おり2人はベッドを共にしていた。しかし、2人は互いに結婚しており、現実に結ばれることは不可能だ。撮影がクライマックスに近づくにつれて、劇同様に心を傷めるマイク。そして、ハッピーエンドの結末で撮影が終わった日の夜、打ち上げパーティの最中、アンナは、マイクを1人残してその場を去るのだった。

作品データ

原題
The French Lieutenant's Woman
製作年
1981年
製作国
イギリス
配給
ユナイト
上映時間
123分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • みるみる

    3
    2020/1/3

    少々複雑な進み方をするストーリーですがとてもいい作品でした。女性が自分で選ぶ生き方を芝居の中と現実、ビクトリア朝時代と現代とを行き来しながら進みます。
    メリル・ストリープの存在感、素晴らしいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告