TOP > 上映中の映画作品を探す > 甘くない砂糖

砂糖が不足するという砂糖パニックを利用してひと稼ぎしようとする若い詐欺師と彼に利用される初老の男の奇妙な交流を描く。監督は「仮面・死の処方箋」のジャック・ルーフィオ。脚本はゴンクール賞作家ジョルジュ・コンションとルーフィオ、撮影はルネ・マトゥラン、音楽はフィリップ・サルド、編集はジュヌヴィエーヴ・ウィンディング、美術はクロード・ルノワールが各々担当。出演はジャン・カルメジェラール・ドパルデューミシェル・ピッコリネリー・ボルジョージョルジュ・デクリエールロジェ・アナンマルト・ヴィラロンガなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アドリアン(ジャン・カルメ)は風采のあがらない初老の男だが、税務署の仕事をやめ、薬剤師の妻ヒルダ(ネリー・ボルジョー)の財産を管理することになった。その彼が、こともあろうに子供だましの詐欺にひっかかってしまった。パリで偶然知り会ったラウール(ジェラール・ドパルデュー)という若者の口車にのり、砂糖相場に手を出したのだ。次から次へと投資を続けた彼は深みにはまり、半年後には遂に破産した。しかし、この哀れな男を救ったのは、何とラウールだった。ラウール自身も大企業の罠にはまり乞食同然となっていたのだ。大男ラウールと小男アドリアン二人の奇妙な友情でつながった奮闘が開始した。そして二人の悪賢いまでの計画はまんまと功を奏して金を取り戻した。太陽のそそぐ屋敷のプールで日光浴をするラウール、アドリアン、そしてヒルダの顔は、幸せに満ちていた。

作品データ

原題 Le Sucre
製作年 1978年
製作国 フランス
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 甘くない砂糖