映画-Movie Walker > 作品を探す > THEエージェンシー

ある広告代理店を舞台にTV・CFを利用して非劣な陰謀を企む組織と真相を探る広告マンの姿を描く。製作はロバート・ラントススティーブン・J・ロス、監督はジョージ・カツェンダー。「ブルー・エクスタシー・官能の夜」のポール・ゴートリーブの原作を基にノエル・ハインドが脚色。撮影はミクロス・レンテ、音楽はリュイス・フューレイが各々担当。出演はロバート・ミッチャムリー・メジャースヴァレリー・ペリンソウル・ルビネックアレクサンドラ・スチュワルトハワード・モースなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークの広告代理店QP&S。制作部長フィリップ(リー・メジャース)が、いつものようにジョギングに精を出している。車でついてくるのは恋人のブレンダ(ヴァレリー・ペリン)だ。彼女に明晩の約束をかわして出社した彼を、親友のサム(ソウル・ルビネック)が待ちうけていた。彼は、何やら会社は秘密のキャンぺーンをフィリップぬきで始めているというのだ。そして彼は何の報告もなくコピーが変更されたといって怒っていた。やがて、そのサムが突然解雇され、何者かに殺される。サムは死ぬ直前、社長のクイン(ロバート・ミッチャム)が何かを企んでいるといって彼に関する情報をテープに吹きこんでおり、フィリップは、彼の部屋でそのテープを発見した。彼はそのテープのコピーをブレンダに託すが彼女は何者かに襲われ、テープもすりかえられてしまった。サム殺しの嫌疑で留置されたフィリップを、なぜかクインが保釈金を払って釈放した。そして、彼に“チョコレート・プラネット”の企画の指揮をとるために郊外の別荘に行ってくれと頼んだ。社長秘書ミミ(アレクサンドラ・スチュワルト)の運転で孤島ともいえる秘密の別荘に着いたフィリップは別荘に誰もいないことを知り驚く。そこにはクインから差し向けられた殺し屋だけが待っていた。しかし、殺し屋の車で運ばれる途中、脱走に成功したフィリップは、サムが語っていたクインの金庫に隠された問題のVTRを発見。その場に遂にクインが現われた。クインはフィリップにTV・CFを見せながら恐るべき事実を語り出した。潜在意識を利用した恐ろしいメッセージ―ただのインスタント・ラーメンのCFに戦争賛成の政治的メッセージを隠しオン・エアする。数ヵ月後、世論調査を行なえば戦争賛成者が増加するという具合だ。そして、全てを知ったフィリップを執拗にクインが追いつめたが、ブレンダの連絡でかけつけた警察隊がクインのまわりを取りかこんだ。クイン逮捕直前、クインの口を封じるため、何者かが彼に銃口を向けるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Agency
製作年 1981年
製作国 カナダ
配給 ジョイパックフィルム
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > THEエージェンシー