映画-Movie Walker > 作品を探す > エレファント・マン > レビュー

投稿レビュー(11件)エレファント・マンは星4つ

二つの視点 (投稿日:2016年3月19日)

二つの目線が強く意識された。一つ目は劇中でエレファント・マンに注がれる視線。もうひとつはその劇を観る我々観客の目線だ。私にはエレファント・マンにひどい仕打ちをする人々のほうがよほど醜悪な見世物に見えた。エレファント・マンは観劇をしたことがない。彼が初て親しくなる友人である舞台女優ケンドール夫人は劇場が世界で一番美しい場所だと言う。美しいものに注がれるのまた視線である。見世物とは我々なのかそれともエレファント・マンなのか。エンターテイメントの原点は人間の残酷性なのか。
»ガイドライン違反報告

投稿:マツダヨウスケ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

喜びや悲しみ―どんな人にも感情があるのです。容姿関係なく。 (投稿日:2013年9月25日)

『イレイザー・ヘッド』に続くデヴィッド・リンチ監督の2作目の作品です。前作と同様にモノクロ作品で仕上げております。19世紀のイギリスに実在した生まれつき奇形な身体を持つことからエレファントマンと呼ばれたジョン・メリックという人の物語です。頭部は肥大し、全身の約90%に腫瘍があり、脊髄は湾曲し杖がないと歩行もままならない、言葉も上手く発音ができない状態。当初、彼は見世物小屋で人々の見世物とされていたのですが、ある医師が彼を病院で研究のため隔離病棟にかくまうことに。

奇形で生まれてきたため生涯の多くは辛く、悲惨な体験や思いを多くしてきた彼ですがトリーブス医師や舞台女優のケンドール夫人との出会いにより幸せな時間を少しでも過ごせたのは非常に良かったです。ジョン・メリックのためにしていたことが見世物小屋と変わらないのではないかと投げかけられたトリーブス医師…。自分は一生懸命に彼のためにやっていることなのに周囲の人からはそうは思われていなかったというシーンは我々自身も日常生活においてありえる話なので気を付けたいところです。

エレファントマンと呼ばれる彼は本名がジョン・メリックという名前で登場しますが、実在した本当のエレファントマンはジョゼフ・ケアリー・メリックと言います。作品中で登場するような容姿だったそうです。映画だけでなく舞台劇などでもヒットしており世界中で有名なストーリーのようです。彼の遺骨は現在もロンドンの病院に保管されているそうで以前故マイケル・ジャクソン氏が彼の遺骨を購入したがっていたニュースが取り上げられていました。なぜ、そんな物を欲するのか?マイケルよ… »ガイドライン違反報告

投稿:ettam

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

人として (投稿日:2013年6月20日)

人間のエゴ、優しさを映し出しています。
人が優しくしてくれることを最期まで感謝する心を忘れない主人公に心打たれます。ゆっくり休んで欲しいと願わずにはいられないラストです。人として生きることは、心があるだけにいいことばかりでも、悪いことばかりでもないということを衝撃的に教えてくれました。 »ガイドライン違反報告

投稿:たいむ

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

こんな面白かったのか (投稿日:2013年6月11日)

未見の方はぜひお手を取ってみてください。
ただ食事しながらだと気分悪くなる恐れがありますので注意。

アンソニーホプキンス、エレファントマンの演技どちらも繊細で細かく見ごたえあり。ラストシーンだけちょっと自分としては期待とは違ったが、そこは個人の趣味なので

 文句なく名作です »ガイドライン違反報告

投稿:Abby Down

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ジョン (投稿日:2013年4月14日)

こんな女性と結婚したいと思いました。
ジョンのような人と釣りに行きたいな。
気をつかいすぎる人だから、長い時間を一緒に過ごして、
少しでも気楽な立場に誘いたくなります。
»ガイドライン違反報告

投稿:ysaku153

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

目に見えないもの (投稿日:2009年6月1日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

その外見ゆえ、人間として扱ってもらえず、化け物呼ばわりされる通称「エレファントマン」こと、ジョン・メリック。
彼を見世物にして金儲けする人、彼を興味本位で見に来て悲鳴を上げたり失神したりする人、彼に手を差し伸べることで社会的な注目を集めようとする人・・・そんな人たちのほうが、よっぽど化け物だ。
ただ普通に人として生きたかった、というジョンの気持ちが痛々しい。
この作品を観て、自分の中にも、目に見えるものに捉われて、本当に大切な目に見えないものを忘れてしまうことがあることに気づいた。
この映画を観て、他の人は何を感じ取るんだろうか。 »ガイドライン違反報告

投稿:@ki

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

これ凄いね (投稿日:2008年1月10日)

奇才デビットリンチですが、彼でも普通に撮れるのね…芸術寄りなので驚いた事があった作品です。
当時6歳 僕は怖くて見れませんでした。まあ、勘違いしてたんだろうね…
それから、エレファントマンを見るのに時間がたった…12年後…そう言えば見てないな…と思いにふけて 見たら 涙を流した自分がいました…こんな切ない悲しいものとは…デビットリンチ見直した作品だったね… »ガイドライン違反報告

投稿:みのり

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

素晴らしい映画だ (投稿日:2007年6月8日)

劇場で観て上映中に泣いちゃいました
ジョンメリックは誰よりも美しい心を持っています。医師は実験対象として
引き取りながらも徐々に心を通わせていく。「私は人間だ 人間なんだ」と
叫ぶシーンが心に突き刺さる
評価は5★でも足りないくらいだな

»ガイドライン違反報告

投稿:akio2000

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

あの頃の…わたしは… (投稿日:2007年5月25日)

20年ほど前です。ジョン・メリックと、恐らく
同じような病気だと思われる女性を観かけました。

でも…そのときの、わたしの「心」は…きっと、
頭では理解しているものの…奇異なモノを観る…
そんな「心」だった気がします。五体満足ほど…
きっと、人の「心」って汚れたり傲慢だったり…
してても、気付きにくいんでしょうね。

ジョン・メリックは…きっと、そんなコトを今に…
残してくれているのかも知れませんね。 »ガイドライン違反報告

投稿:マギーブイヨン

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

こんなにも心の綺麗な人が実在したのか (投稿日:2007年2月27日)

見世物小屋になんか入れられて最後は死んでしまって可哀想と涙する映画ではない。
生まれてからずっと酷薄な世間に晒され続けてきた中で、こんなにも優しく心の綺麗な人でいられた奇跡に感動したい。
それとも、あまりに薄倖な人生だからこそ、ほんの僅かな善意でも心いっぱいに満たせるだけの感性をもってしまった悲しい一人の孤独な青年の話なのか。
どちらにせよ、ハンカチ必携の物語。 »ガイドライン違反報告

投稿:はぴ

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > エレファント・マン > レビュー