映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛の選択

白血病の青年と看護に雇われた女性の愛の軌跡を描くドラマ。監督は「フラットライナーズ」のジョエル・シューマカー。製作はアカデミー賞女優のサリー・フィールドケヴィン・マコーミック。原作はマーティ・ラインバックの一人称視点の小説で、脚本はリチャード・フリーデンバーグ。撮影は「ネイキッド・タンゴ」のスペイン出身のファン・ルイス・アンシア。音楽はジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 11
レビュー 1
投票 10
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 12% (1)
星3つ 100% (8)
星2つ 12% (1)
星1つ 12% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヒラリー・オニール(ジュリア・ロバーツ)は25歳の労働者階級の出身だが、溌剌とした女性だった。彼女は恋人の浮気の現場を目撃し、母(エレン・バースティン)のもとに身を寄せていたが、新聞で病人の看護婦募集の広告を見て、サンフランシスコの豪邸を訪ねる。数多くの募集者の中、ヒラリーは簡単に断られるが、なぜか呼び戻されて採用となった。実は父親リチャード(デイヴィッド・セルビー)の意向を無視した、当の病人ビクター(キャンベル・スコット)たっての願い出だった。彼は28歳で10年前から白血病と闘っていた。看護を始めたヒラリーは闘病のあまりのすごさに一時は仕事を辞めようかと悩む。しかし、負けん気の強い彼女は白血病の本を読み、本気で看護に取り組み始めた。ビクターはクリムトの絵を愛し、クラシックに傾倒する教養溢れる青年で、ヒラリーを相手に芸術を語った。最初はあまりの環境と教養の違いに違和感を感じていた2人だったが、次第に心を通わせるようになる。ある日、2人はドライブに出掛け、衝動的に郊外の貸別荘を借りてしまった。厳しい父親の目を逃れて、初めて体験する自由な日々。ブドウ園の女主人エステル(コリーン・デューハースト)とゴードン(ビンセント・ドノフリオ)という友人もできた。しかし、彼らとの触れ合いでビクターはかえってヒラリーとの階級の差を感じる。病気が再発したビクターは、ひそかにモルヒネを使うが、ヒラリーはそれに気づき、リチャードに連絡する。連絡されたことを知ったビクターはショックを受けるが、ヒラリーは死ではなく、生きることを選ぶよう説得する。ヒラリーの誠実な愛に触れたビクターは夜が明けるころ、2人で共に生きていくことを決心するのだった。

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

原題 Dying Young (The Choice of Love)
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

選択

投稿者:koala

(投稿日:2008/05/31)

白血病についてあまり良く知らないが、恐ろしいと思った。 …

[続きを読む]

支持者:0人

ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛の選択

ムービーウォーカー 上へ戻る