映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 青い年

田舎から首都リスボンに出てきた青年の初恋を通してポルトガルの社会の貧しさ、青年の不満などを描く。製作はアントニオ・クニャ・テレス、監督・脚本はパウロ・ローシャ、台詞はヌーノ・デ・ブラガンザ、撮影はルーク・ミロ、音楽はカルロス・パレーデス、編集はマルガレータ・マンクス、監督助手はフェルナンド・マトス・シルバが各々担当。出演はルイ・ゴメス、イザベル・ルス、パウロ・レナートルイ・フルタードカンディダ・ラセルダカルロス・ジョゼ・ティシェイラなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ポルトガルの首都リスボン。そのリスボンに住むアフォンソ(パウロ・レナート)のもとに、甥のジュリオ(ルイ・ゴメス)が靴職人の見習いに田舎からやって来た。ジュリオは19歳、妹が病気で母に送金しなくてはならない。その夜、ジュリオは街を散歩していて美しい娘イルダ(イザベル・ルス)に会う。彼女はある富豪の女中で、女主人の靴の修繕のために、ジュリオのいる店をたびたび訪れた。ジュリオは、日曜日ごとにイルダに会うようになり、いつしか想いを寄せるようになる。ある日曜日、アフォンソは2人をリスボン見物につれていく。イルダはその日、女主人に、ジュリオに好意をもっていることを打ち明けた。ある日、ジュリオは、イルダとダンスを踊りに行った。あまりうまく踊れないで席をはずしたジュリオをよそに、他の男に誘われるままに踊るイルダ。彼女はジュリオ程真剣ではなかった。次の日曜日、約束の時間にこないジュリオを探してアフォンソのところヘやってきたイルダは、そこで、いかがわしい女が忘れていったセーターをアフォンソからもらった。今ではアフォンソを嫌っているジュリオは、イルダがセーターをもらったことを詰った。一週間後、ジュリオはイルダに結婚をせまるが、イルダは拒んだ。そして、彼女は同郷の友だちと去っていった。夜の公園で、ジュリオはただ一人とり残されるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Os Verdes Anos
製作年 1964年
製作国 ポルトガル
配給 エキプ・ド・シネマ
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 青い年