緑色の部屋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

緑色の部屋

1980年2月9日公開,0分
  • 上映館を探す

結婚後わずかの間に事故で死んでしまった若妻の肖像や遺品で飾られた“緑色の部屋”で生活する男の死者への愛情を描く。製作はマルセル・べルべールとローラン・トゥノー、監督は「恋愛日記」のフランソワ・トリュフォー。ヘンリー・C・ジェームズの数篇の単篇小説を基にトリュフォーとジャン・グリュオーが脚色。助監督はシュザンヌ・シフマン、撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はモーリス・ジョーべール、編集はマルティーヌ・バラーク・キュリー、美術はジャン・ピエール・コユ・スヴェルコ、衣装はモニーク・デュリーとクリスチャン・ガスクが各々担当。出演はフランソワ・トリュフォー、ナタリーバイ、ジャン・ダステ、ジャン・ピエール・ムーラン、アントワーヌ・ヴィテーズ、ジャーヌ・ロブル、ジャン・ピエール・デュコス、アニー・ミレールなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第1次世界大戦から10年後の1928年、フランス東部の小さな町。ジュリアン・ダヴェンヌ(フランソワ・トリュフォー)は、友人ジェラール(ジャン・ピエール・ムーラン)の夫人の葬儀に出かけ、悲しみのあまり泣きうなだれる友人を心から慰めた。彼ジュリアンも又、若くして妻を失った不幸な身だった。以後40代になった今も独身を続け、老家政婦と甥で聾唖の少年ジョルジュ(パトリック・マレオン)とともにひっそりと暮していた。ジュリアンの家の中には、彼以外誰にも入ることのできない秘密の部屋があった。それは最愛の妻ジュリーの“霊堂”としてしつらえられた“緑色の部屋”で、ジュリーの肖像や遺品が置かれていた。彼にとってこの部屋で過ごすことが彼女との交感と語らいの方法だったのだ。しかし、ジュリアンは表向きはまったく普通の生活を送り、地方紙“グローブ”社の編集部に勤めていた。彼には1人だけ許すことのできない人間がいた。それはポール・マシニーという政治家で、かつてはジュリアンの親友だったが、非情にも彼はジュリアンを裏切ったのだった。ある日、ジュリーの実家のヴァランス家の家具や調度品などが競売に出されていることを知ったジュリアンは、妻の思い出の形見を求めてそこに出かけていった。そこで彼は、指輪を探しているのを快く手助けしてくれたセシリア・マンデル(ナタリー・バイ)という女性に会った。死を崇める心、死者を大事にする気持ちがふたりを親しく結びつけ、ふたりは互いに強く心ひかれた。ジュリアンは基地の中に廃虚となった古い礼拝堂を見つけ、そこに彼の“緑色の部屋”を死者たちの祭壇として築くために、修復する椎利を買い取った。その礼拝堂には妻だけのものでなく、彼の心に残る死者たちのすべてを集め、ひとりひとりのためにロウソクをともした。しかしポール・マシニーだけは別だった。ジュリアンはセシリアにその祭壇の共同管理を依頼し、彼女をこの上なく信頼していた。そしてセシリアもジュリアンを愛していた。だが、ジュリアンは、彼女のアパルトマンに飾られているポール・マシニーの写真を見てショックを受けた。彼女こそポール・マシニーの愛人だったのだ。そして彼女の愛する死者とはポール・マシニーだったのだ。ジュリアンは絶望のあまり部屋に閉じこもって、餓死するがままにまかせた。セシリアは手紙で愛を告白し合うことを懇願した。彼は瀕死の体をステッキで支え礼拝堂までやって来て、ポール・マシニーのためにロウソクをともすようにと頼むとセシリアの前で息絶えた。セシリアは涙を流しながら祭壇のロウソクの最後の一本に火をともした。そして名前を発した。ジュリアン・ダヴェンヌと--。

作品データ

原題
The Green Room La Chambre Verte
製作年
1978年
製作国
フランス
配給
東宝東和
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • ブルーインブルー

    4
    2014/10/24

    『緑色の部屋』(’78年)を鑑賞。思えば70年代のフランソワ・トリュフォーは、時として偏執的なほどに何かに強く執着する(人生を捧げる)人間たちを描いた映画作家だった。女性の足(『恋愛日記』)、教育(『野性の少年』)、初恋の相手(『アデルの恋の物語』)、映画製作(『アメリカの夜』)。本作でトリュフォー自身が演じる主人公ジュリアン・ダヴェンヌがとり憑かれているのは、早世した妻を含む死者(たちの追悼)である。映画の最後には、彼自身がその死者の列に加わることになるだろう。今日、約10年ぶりに『緑色の部屋』を再見し、以前、山田宏一氏が書いたように、確かにトリュフォーはこの作品であたかも自らの墓を造っていたかのような印象を受けた。冒頭の場面で何度も映し出されるジュリアン=トリュフォーのアップは、まるで遺影のようである。『勝手にしやがれ』や『気狂いピエロ』で描かれた登場人物たちの生き方や、60年代後半以降の急激な作風の変化などから、しばしば“生き急ぐ映画作家”と評されたのはジャン=リュック・ゴダールだったが、実は本当に生き急いでいたのはトリュフォーの方だったのだ――彼の特徴である、早口でせっかちな台詞回し(周知の通り『恋のエチュード』等ではナレーションを務めた)を耳にしながら改めてそのことに思い至り、掛け値なしに美しい終盤の礼拝堂の場面(撮影は、本作以降も『逃げ去る恋』『終電車』『日曜日が待ち遠しい! 』でトリュフォーとタッグを組んだネストール・アルメンドロス)では思わず感極まってしまった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告