TOP > 映画作品を探す > オフィシャル・ストーリー

クーデターによって生まれた軍事政権下で行方不明になった子供の真実の生誕とアルゼンチンの苛酷な現実を描く。監督はルイス・プエンソ、脚本はアイーダ・ボルトニクとルイス・プエンソ、撮影はフェリックス・モンティ、音楽はアチリオ・スタンポーネが担当。出演はエクトル・アルテリオノルマ・アレアンドロほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

軍事政権下のアルゼンチンの首都ブエノスアイレス。高校の歴史教師アリシアは(ノルマ・アレアンドロ)、実業家の夫ロベルト(エクトル・アルテリオ)、養女ガビイ(アナリア・カストロ)とともに、平穏な生活を送っていた。ある日、学校の同窓会に出たアリシアは亡命していたアナ(チュンチュナ・ヴィラファニエ)の懐かしい顔をみつけ、再会を喜び合った。その夜、アリシアの家でアナはなぜ亡命せねばならないかを語った。それによれば、彼女の昔の恋人ペトロが反体制側だったために彼女まで拷問、暴行を受けたこと、また獄中で妊娠中の女性から生まれて来た子供たちが連れ去られ、見知らぬ人々に売られていくのを見たことを。その瞬間、アリシアの胸にはガビイもその一人ではないかという疑惑が湧き起こった。そんなある日、仕事仲間が夫のロベルトに救いを求めて来たことからアリシアは夫が軍事政権と癒着し、民主勢力に対する加害者の立場にあるのではないか?という疑問につき当たる。彼女はガビイの生みの親を捜し始めた。そんな中で、五月広場の母の会でサラ(チューラ・ルイス)と知り合った。突っ込んだ話し合いをするうちに、あらゆる点から見てガビイがサラの孫娘である可能性が大きかった。夫のロベルトの忠告にも関わらず、あくまでガビイの出生をつきとめることに固執する。アリシアが家に招いたサラを見て、ロベルトの怒りは爆発、ついに軍事政権側で活動、膨大な報酬を得ていることが判明した。翌日アリシアはガビイを義母の家にあずけると、二度と帰らないであろう家をあとにした。

作品データ

原題 La Historia Oficial
製作年 1985年
製作国 アルゼンチン
配給 松竹富士クラシックス=松竹富士
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > オフィシャル・ストーリー