TOP > 映画作品を探す > マイドク いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか

マッド・サイエンティストに操られて両親を惨殺したマイケル青年が、復讐をとげるというホラー映画。略題「マイドク」。ニュージーランド・フィルム・コミッションが製作に協力。製作はマレー・ニューイ、監督はこれが二作目に当るデイヴィッド・ブライス。脚本はブライスとマイケル・ヒースが執筆。撮影はジェームズ・バートル、音楽はマーク・ニコラスが担当。出演はマイケル・ハーストゲイリー・デイなど。第14回パリ・ファンタスティーク&SF映画祭でグランプリを受賞している。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

病院へ駆け込んで来たマイケル少年(マイケル・ハースト)は、父親のレイモンド・タッカー教授(デイヴィッド・ウィセリー)がアーチャー・ハウエル(ゲイリー・デイ)とつかみ合いの喧嘩をしているのを目撃。父はハウエルの研究を行きすぎだと批難し、ハウエルは俺の邪魔をさせぬという。シャワーを浴びているマイケルにハウエルが注射をし、無意識状態の彼を縛りつけ、ある種の実験をほどこす。その後マイケルは家へもどり、父と母のネティ(ティナ・グレンヴィル)を散弾銃で射殺。彼は精神病院に監禁されてしまった。7年後、ハウエルはとある島に大きな病院を築いて、生体実験を続けていた。病院を退院したマイケルは女友達のサンディ(マーガレット・アンバース)、ルーカス(ウィリアム・アップジョン)とその女友達ジニー(ノレル・スコット)とフェリーで島へ向かう。フェリーでは奇妙な容貌の男が突如、頭をおさえ口から泡を出した。甲板にとまっていた病院の車に乗っていたスパイダー(デイヴィッド・レッチ)とジャニングス(ジョフ・スネル)は、マイケルたちと喧嘩する。島に上陸したマイケルは、スパイダーとカー・チェイスを展開した。道路で憎いハウエルを見かけた。入ってはいけないと注意された洞穴に入り込んだマイケルたちは、バイクに乗ったスパイダーとジャニングスに追いかけまわされ、ジニーが傷つく。ルーカスは怒ってジャニングスを串刺しに。スパイダーはジャニングスの死体を病院へ持っていくが、ハウエルは相手にせず、逆に彼をとじこめようとした。スパイダーは逆襲し、ハウエルによって作られた改造人間たちを解放する。一方、マイケルは酒場に車を走らせて、そこから病院に電話する。間もなくスパイダーに率いられた改造人間たちが襲いかかってきた。救急車が来て、みんなは病院へ。そこで、改造人間が暴れ出し看護婦たちを惨殺。ジニー、ルーカスが殺され、マイケルはハウエルを倒し両親の復讐をとげた。酒場にもどったマイケルはスパイダーと対面。「つかまえてやるぞ」と叫ぶスパイダー。電柱が倒れ、高圧電流に接触したマイケルは死亡。呆然とした表情を見せるサンディ。

作品データ

原題 Death Warmed Up
製作年 1984年
製作国 ニュージーランド
配給 大映
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > マイドク いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか