田舎の日曜日|MOVIE WALKER PRESS
MENU

田舎の日曜日

1985年11月2日公開,0分
  • 上映館を探す

20世紀初頭のパリ郊外の秋を舞台に、老画家をめぐる日曜日の出来事を綴る。製作・監督・脚本は日本初登場のベルトラン・タヴェルニエ、共同脚本はコロ・タヴェルニエ、原作はピエール・ボスト、撮影はブルーノ・ド・ケイゼル、音楽はガブリエル・フォーレ、編集はアルマン・プセニーが担当。出演はルイ・デュクルー、サビーヌ・アゼマ、ミシェル・オーモンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

樹木美しいパリ郊外の田舎の秋。1912年のある日曜日の朝。画家ラドミラル氏(ルイ・デュクルー)は、パリから訪ねてくる息子のゴンザグ(ミシェル・オーモン)一家を駅に出迎える仕度をしている。ラドミラル氏の面倒を長年にわたってみている家政婦メルセデス(モニーク・ショメット)が今朝も台所の準備に余念がない。ラドミラル氏が門を出ると、白い服の少女ふたりが縄とびをしている。駅に向かったラドミラル氏は、道の途中でゴンザグ一家を迎えることになる。彼は70歳を越えた脚のおとろえをまざまざと感じるのだった。ゴンザグと嫁のマリー・テレーズ(ジュヌヴィエーヴ・ムニック)と、孫娘で体の弱いミレイユ(カティア・ボストリコフ)と孫息子たちリュシアン(クァンタン・オジエ)と、エミール(トマ・デュヴァル)らが訪れて、賑やかになったラドミラル氏の邸に、また一人めったに訪ねてこない娘イレーヌ(サビーヌ・アゼマ)がやって来た。それは、最新型4輪自動車ドラージュを運転して愛犬キャビアとともに、みんなが昼食を食べて午睡に入った時だった。パリでファッション・ブティックをオープンしたばかりで若々しく美しい彼女は、久しぶりに実家に帰りリラックスするが、彼女は恋に悩んでいる様子だ。恋人からかかってくる筈の電話を待っているのだ。今はいない母(クロード・ヴァンテール)のイメージが現われてイレーヌに言う。“人生にどこまで望めば気がすむの”。ミレイユが木に登って降りれなくなるという騒ぎが起こる。なんとか救い出されるが、今度は、パリからかかる筈の電話がかかってこないのに苛立ったイレーヌがパリに発つと言い出す。娘をなだめて、自分のアトリエに招いたラドミラール氏。彼は、数年前までは風景画を描いていたが、最近はアトリエの中の椅子等のオブジェを描くように変わっており、そこに父の絵に対する苦悩を見るイレーヌ。屋根裏部屋に行った彼女は、そこで美しいレースのショールをたくさん見つけるが、その奥に情熱的な画を発見し感動する。イレーヌに誘われてドライブに出たラドミラル氏は、森の中のレストランで妻の想い出をしみじみと娘に語る。そんな父にイレーヌはいっしょに踊ってと言い出す。二人が家に戻るとパリからの電話が彼女を待っていた。直後、とりみだして去る娘を、そっと送り出す父。夕方になり、ゴンザクたちをいつものように見送った彼は、帰路、ふたりの少女が目に映る。アトリエに入ったラドミラル氏は新しい画布に向かうのだった……。

作品データ

原題
Un Dimanche a la Campagne
製作年
1984年
製作国
フランス
配給
フランス映画社
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • †Jack

    4
    2007/9/15

    パリ郊外。美しい庭園を望む静かな窓辺。
    老画家ラドミラル氏の、悲愁と愛に満ちた穏やかな日曜日。
    規則正しく彼の元を訪れる、かつては父の背中を追っていた息子、その一家。
    パリでブティックを営む、自由奔放な愛娘。愛娘を見詰めるラドミラル氏の姿が、微笑ましくありながら、寂しさと悲しみが彼の痩せた背中に漂い、思わず肩を抱きたくなります(涙)。
    気心の知れた家政婦との距離感。心地良いです。ユーモアも交えながら、賑やかな場面もチラホラ。
    随所に散りばめた“幻影”も、無理なく自然に物語に溶け込んでいます。
    どこにでもありそうな日常的な風景を、いくつかクローズアップさせた創り方は、古き良き欧州映画を彷彿とさせます。
    音楽の差し込み方も巧み♪
    亡き妻が、心を沈めた娘に囁く‥「人生は欲ばってはダメよ」
    ‥どんなに満たされた人生を送っていたとしても、まだ求めてしまうのですね、人間とは(笑)。
    主人公、ラドミラル氏を演じたルイ・デュクルーの笑顔が素敵です☆
    ラストの画家としての表情は、年齢が幾つか若返ったかの様な眼差しで、心に深く刻まれました☆

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告