マイ・フレンド・フォーエバー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マイ・フレンド・フォーエバー

1995年8月12日公開,99分
  • 上映館を探す

HIV感染者の少年と、彼を助けるべく治療法探しに奔走する少年の友情を描いたヒューマン・ドラマ。『チルドレン・オブ・ザ・コーン』(V)「シングルス」などで俳優として活躍するかたわら、テレビドラマの演出を手掛けてきたピーター・ホートンの初監督作。脚本はロバート・クーン、製作はマーク・バーグとエリック・アイスナー。撮影はアンドリュー・ディンテンファス、美術はアーミン・ガンツ。音楽は「トッツィー」「ザ・ファーム 法律事務所」のデーヴ・グルーシンが担当。主演は「依頼人」のブラッド・レンフロと「ジュラシック・パーク」「激流」のジョセフ・マゼロ。「最高の恋人」「蜘蛛女」のアナベラ・シオラと「サイコ3 怨霊の囁き」のダイアナ・スカーウィッドが少年たちの母親にふんするほか、やはりエイズを題材にした「ロングタイム・コンパニオン」のブルース・デイヴィソンが医師役で助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

12歳の夏休み、エリック(ブラッド・レンフロ)は隣に越してきた11歳のデクスター(ジョセフ・マゼロ)と親友になる。デクスターは幼児のころの輸血が元で、エイズに感染していた。エリックの母親ゲイル(ダイアナ・スカーウィッド)は生活に追われ、息子のことを全く顧みない。デクスターと母親のリンダ(アナベラ・シオラ)に夕食に招かれ、楽しい一時を過ごしたエリックは、親友のためにエイズの治療法を探そうと思いつく。チョコレートを食べ続ける食餌療法に続いて、「ルイジアナの医師が植物からエイズの特効薬を発見した」という新聞記事から、植物の葉を煎じて飲む方法を試みる。ところがある晩、毒草を飲んだデクスターが病院に担ぎ込まれる事故が発生。幸い命は取り留めたが、エリックは母親から彼との交際を禁じられ、サマーキャンプ行きを命じられる。エリックはデクスターを説得し、特効薬を分けてもらうためルイジアナの医師の元へ旅立つ。川を下り、2人の冒険旅行が始まった。川岸でテントを張って寝た晩、死の恐怖に怯える胸中を打ち明けたデクスターを、エリックは必死で勇気づける。彼の具合が悪くなっているのに気づき、途中で便乗した船から金を盗み、陸路に変更。たちまち船長たちに見つかって追いつめられた時、デクスターは自らを傷つけ「僕の血は毒だ」と迫って彼らを追い払った。エリックは親友をバスに乗せて故郷ミネソタに戻り、デクスターはただちに病院に収容された。彼らは病院で看護婦や医師を相手にデクスターが死んだふりをする遊びを繰り返すが、ある日、いつものイタズラの最中に彼は二度と目を覚まさなかった。葬式の日、エリックは棺の中のデクスターの腕に自分のスニーカーを抱かせ、代わりにもらった彼の靴を川に流した。

作品データ

原題
The Cure
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士=KUZUIエンタープライズ
上映時間
99分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • みるみる

    3
    2020/5/25

    対照的な二人の少年の子供らしい一生懸命さが逆に切ない。カートでの爆走したり、お菓子の食べ合わせを考えたり、薬草を探したり、無茶な旅に出たり。その所々で現実を突きつけられてキュっと胸が痛くなる。バスケットシューズを差し出すシーンは大人では言えないな、と思った。少年らと同じく対照的な母親同士の対面もいいシーンだ。でもエリックの母親が異常におかしいわけではなく、エイズに対する無知はどこにでもあるだろう。
    王道のストーリー展開だけど、でもやっぱり悲しい。ラストの穏やかなエリック、デクスターをずっと忘れないでいて欲しいなと思った。
    25年前の公開ですが子役二人は最高だった。25歳で亡くなったブラッド・レンフロ。もっと見たかったな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ettam

    4
    2013/9/23

    エイズのデクスターと友達のいないエリック。エイズだからという理由で最初は庭の柵越しに話をしていたが、空気感染しないことを知ると柵を飛び越えて遊ぶようになった二人。エイズが治ればということで近所の河原などで草を持って帰って煎じて飲む。そのうち、ニューオーリンズの医者がエイズに効く薬草を発見したと新聞記事に掲載されるとすぐに二人はニューオーリンズを目指して旅をする。
    入院中には死んだふりをして医者や看護婦を病室に呼び驚かせて喜ぶ二人。
    最終的にはデクスターは死んでしまうが、その葬式にきたエリック。デクスターと最後の別れをしたエリックが帰る時に片方のスニーカーを履いていなかったのが感動を呼ぶ。
    友達もいなかったエリックが、本当に親友と呼べる友達ができ、だからこそ親友の為に治療法を自分なりに発見しようとしたし、ニューオーリンズにも向かった。デクスターの母も理解のある人でエリックの行動に対して怒ることもなかった。それはデクスターに対するエリックの想いを感じていたからに違いない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ザナドゥ

    5
    2008/1/23

    病気で人が亡くなって行く話の映画は沢山あります。
    どれもこれも悲しく、涙なしには観れない作品でしょう。

    しかし、この映画は無理やり観る側を泣かせようとしません。
    同じ母子家庭同士のこどもの日常を、爽やかに描いています。
    ひと昔前の作品であるにも関わらず、HIV感染者の悲惨さだけに
    焦点を当てていません。
    あくまでも母と子の愛、子供達の友情をベースにした人間ドラマです。

    輸血が原因でHIVに感染してしまった友達のジョセフ・マゼロと、それを助けようと
    頑張るブラッド・レンフロの演技はとても自然で、子どもらしさに溢れています。
    しかし、所々見せる大人への優しい気遣いは、その時まさに少年が大人に
    なろうとしている美しい瞬間だと感じました。

    子どもと同じ目線で描かれた素晴らしい映画で、後世に残すべき名作です。
    DVD化を願ってやみません。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告