TOP > 上映中の映画作品を探す > バック・イン・アクション

麻薬組織相手に立ち向かう刑事と元特殊部隊の熱血漢コンビの活躍を描くB級アクション。監督はポール・ジラースティーヴ・ディマルコの共同、製作はジョージ・フラック、脚本はカール・シフマン、撮影はギレス・コーベイル、音楽はヴァルージュ、編集はマーヴィン・ローレンス、美術はニック・ホワイトがそれぞれ担当。主演はマーシャル・アーツ有数の黒人スター、『未来警察2073』(V)のビリー・ブランクスと「ゼイリブ」「ハードネス」の元人気プロレスラー、ロディ・パイパーで、二人の体を張った格闘シーンが見もの。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

熱血刑事のロッシ(ロディ・パイパー)は麻薬組織相手の囮捜査で相棒を失う。一方、元特殊部隊のタフガイ、ビリー(ビリー・ブランクス)は、組織の男の恋人になった妹のタラ(カイ・ソレメクン)を守ろうと必死で、組織の荒くれ連中相手に、連夜捨て身の大立ち回りを演じていた。組織の周辺を探索する二人はほどなく顔を合わせ、一悶着こそあったが、やがて同じ敵を持つ者同志としてパートナーを組んで行動するようになる。ロッシの恋人のTVレポーター、ヘレン(ボビー・フィリップス)はビリーが取材の格好の題材とにらんで彼に近づくが、そのあげく、タラともども組織のボス、カサジアン(デーモン・ド・オリヴェイラ)の手によって捕らわれの身になる。かくしてロッシとビリーは、麻薬の精製工場のある敵の本拠地のタンカーに急行、大格闘の末、カサジアンらを倒すのだった。

作品データ

原題 Back in Action
製作年 1994年
製作国 アメリカ
配給 HRSフナイ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > バック・イン・アクション