スリーサム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スリーサム

1995年4月8日公開,93分
  • 上映館を探す

恋と友情と同性愛が交錯する、3人の男女の危うい三角関係を描いた、いわゆるジェネレーションX世代の青春ラヴ・ストーリー。監督・脚本は「悪夢の惨劇」で商業映画デビュー後、ミュージック・ビデオの分野で活躍してきたアンドリュー・フレミング。製作は「ルディ 涙のウイニング・ラン」のブラッド・クレヴォイ。撮影は、「トレマーズ」のアレクサンダー・グルジンスキー。音楽は「コリーナ、コリーナ」のトーマス・ニューマンがスコアを書き、U2、ティアーズ・フォー・フィアーズ、ジェネラル・パブリック、ザ・ザ、ニュー・オーダーなどの挿入曲が効果的に使われている。主演は「赤ちゃんのおでかけ」のララ・フリン・ボイル、「ブロンドの標的」のスティーブン・ボールドウィン、「いまを生きる」のジョシュ・チャールズ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

陽気なプレイボーイのスチュアート(スティーブン・ボールドウィン)と温和で優しいエディ(ジョシュ・チャールズ)は、カリフォルニアの名門大学に通うルームメイト同士。性格は正反対だが、2人はなぜかウマが合う。ある日、アレックス(ララ・フリン・ボイル)という美人女子学生が、その男のような名前のためにコンピュータのミスで彼らの部屋にメームメイトとして振り分けられてしまう。空き部屋はなく、3人はやむをえず共同生活を始めた。スチュアートはさっそくアレックスにアプローチするが、彼女の方はナイーブなエディにすっかり夢中になる。ところが、日増しに大胆になるアレックスのモーションにもかかわらず、エディは全く反応を示さない。実は女性経験のない彼は、密かにスチュアートに思いを寄せていたのだ。このままでは誰かが傷つくことになる、と思った3人はセックス抜きの関係を保つことに。やがて、この奇妙な関係は学校中の噂となり、それに反比例するかのように3人は、より親密な絆で結ばれていく。しかし、次第にそんな関係に我慢できなくなったアレックスは、エディに内緒でスチュアートと寝てしまい、さらにスチュアートも黙ってエディとベッドを共にする。だが、それが明るみに出た時、3人の間に気まずい空気が漂い始めた。そんな折、アレックスの体に異変が生じる。妊娠したかもしれないという不安はそれぞれに大きな衝撃を与え、彼らの親密な仲は急速に冷めていく。結局、妊娠ではなかったものの、アレックスは部屋を去り、スチュアートも出ていく。エディの心には甘酸っぱい思い出だけが残された。

作品データ

原題
Threesome
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
コロンビア トライスター映画
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?