マイ・ライフ(1993)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マイ・ライフ(1993)

1994年2月26日公開,0分
  • 上映館を探す

末期ガンで余命いくばくもないことを宣告された男が、残された命を精一杯生き抜く姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ。監督・製作・脚本は「ゴースト ニューヨークの幻」で脚本を担当したブルース・ジョエル・ルービンで、彼の監督デビュー作。共同製作は同作監督のジェリー・ザッカーと「ラスト・オブ・モヒカン」のハント・ローリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはギル・ネッター、撮影はピーター・ジェームズ、音楽は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジョン・バリーが担当。主演は「から騒ぎ」のマイケル・キートンと「遙かなる大地へ」のニコール・キッドマン。共演は「天と地」のハイン・S・ニョール、女性ラッパーのクイーン・ラティファら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

30代にしてPR会社を経営するビジネスマンのボブ(マイケル・キートン)は、末期ガンと診断された。彼は妻ゲイル(ニコール・キッドマン)のお腹の中にいる、まだ見ぬ我が子にメッセージを託そうと、家族のことや少年時代の思い出などを、ビデオカメラに向かって語りはじめる。だが時が進むにつれ彼の精神は不安定になり、ゲイルの勧めで訪ねた中国人ヒーラー(精神治療師)のホー(ハイン・S・ニョール)にも心を開かなかった。弟ポールの結婚式に出席するため、妻を伴って故郷に向かったボブは少年時代の思い出の場所を歩き、過去を追想する。幼いころ彼の両親は仕事一辺倒で、家族の愛を感じたことはなかった。両親との再会も口論に終わるが、ポールは「生まれてくる子には、二の舞を演じさせるな」と言う。超音波を利用した機械により子供が男の子だと告げられたボブは、命の尊さを知る。彼は死の恐怖を克服するために、少年時代から恐怖の的だったジェットコースターに挑戦する。ホーの元でヒーリング治療を再開したボブは、妻と子供に幸福を見い出し、心の平静を保った。だが病状は進行し、ボブは死の床を迎える。両親や弟たちに囲まれ、愛を噛みしめたボブは、家の中庭に本物のサーカスが来ているのを見る。幼いころサーカスを見せてくれなかった両親が、ついに願いをかなえてくれたのだ。静かに目を閉じるボブ。彼岸へのジェットコースターに乗り込んだ彼は、神秘的な光の世界へ旅立った。

作品データ

原題
My Life
製作年
1993年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • みるみる

    3
    2019/4/4

    癌で余命幾ばくも無い主人公が産まれてくる我が子の為にビデオレターを残す。
    生死について、家族について、許す事とか認める事とか今なら気付く事とか色んな事が詰まった映画。
    日本の家族愛とはまた違った海外ならではハグやキスもすんなり入ってくる。出産も立ち会えて子供との時間も過ごせて良かったね。やっぱ泣けちゃいます。
    ドンパチ映画も好きだけどこういう作品も見ないとね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • yuzu

    4
    2011/4/6

    末期ガンで余命いくばくもないことを宣告された主人公が、妻のお腹の中にいる、まだ見ぬ我が子にメッセージを託そうと、家族のことや少年時代の思い出などを、ビデオカメラに向かって語りはじめる、残された命を精一杯生き抜く姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ。監督・製作・脚本は「ゴースト ニューヨークの幻」で脚本を担当したブルース・ジョエル・ルービン、監督デビュー作。主演はマイケル・キートンとニコール・キッドマン。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • myLIZ

    5
    2008/7/7

    この映画を観たのは小学生4~5年生の時です。重いテーマながら観ていて自分が体験しているかのような喜びと感動がありました。末期がんと闘う主人公は諦めてはいなかったものの、病状が進むにつれ自分を見失ってしまうが、これから産まれてくる子供を思い、妻を思い最後まで精一杯生きていくストーリーです。
    そして彼は、子供の頃から恐怖で乗れなかったジェットコースターに挑戦します。恐怖を克服した瞬間、彼の中に希望のようなものが生まれたように思えました。弟の言葉により両親との確執を取る展開も素敵でした。
    子供の頃に見て感動した映画は大人になってより一層素晴らしい映画だと思わされます。
    ←この写真少しボケすぎです(涙)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告