フリー・ウィリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フリー・ウィリー

1994年3月26日公開,112分
  • 上映館を探す

家族からむりやり引き離されたシャチと、母親に捨てられた少年。互いに孤独な境遇の両者が友情を深め、成長していく姿を美しい自然描写の中に描いた感動編。俳優でもあるキース・ウォーカーの原案を、彼とコーリー・ブレックマンが脚色、「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」のサイモン・ウィンサーが監督して映画化。製作は「リーサル・ウェポン」シリーズのジェニー・ルー・トゥジェンドと「デーヴ」のローレン・シュラー・ドナー。エグゼクティヴ・プロデューサーは「天と地」のアーノン・ミルチャンと「ロストボーイ」のリチャード・ドナー。撮影はロビー・グリーンバーグ。音楽は「ロボコップ」のバジル・ポールドゥリスで、主題歌『ウィル・ビー・ユア・ゼア』をマイケル・ジャクソンが歌う。主演はオーイディションで4千人から選ばれたジェーソン・ジェームズ・リクター。共演は「レザボア・ドッグス」のマイケル・マドセンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

孤児院から脱走してストリートキッズとなったジェシー(ジェーソン・ジェームズ・リクター)はある日、警察に追われて海岸沿いのさびれた水族館に逃げ込む。彼はそこで、水槽の中で泳ぐシャチのウィリーと出会う。警察に捕まり孤児院に連れ戻されたジェシーの身柄は里親のグレン(マイケル・マドセン)とアニー(ジェーン・アトキンソン)夫妻の元へ送られた。夫妻はなんとかジェシーの気を引こうとするが、6年前に彼を捨てた母親がきっと迎えに来ると信じるジェシーは決して心を開かなかった。罰則として水族館のペンキ落としの作業を命じられたジェシーはウィリーと再会する。誰にもなつかないウィリーは、ジェシーの吹くハーモニカだけに優しい表情を見せた。やがてジェシーとの信頼と友情を深めたウィリーは、彼の指導の下、ダイビングや跳躍をはじめ、さまざまな芸を身に付けていく。水族館のオーナーのダイアル(マイケル・アイアンサイド)と支配人のウェイド(リチャード・リール)は金もうけになると考えて、彼らのショーを開く。だが、大観衆の前で神経質になったウィリーは、ジェシーの笛の音にも反応しなかった。その夜、ジェシーはダイアルたちが巨額の保険金を手に入れるため、ウィリーを殺そうとする所に出くわす。ジェシーは機転を利かせてウィリーを助け、大海原に返してやるのだった。

作品データ

原題
Free Willy: How Far Would You Go for a Friend
製作年
1993年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • YUURIMAX

    5
    2007/2/10

    そんな感じを思わせるシーンがたくさん
    映画の1コマ1コマを写真集にしても言いぐらいの自然がたくさん
    エンドロールは野生のシャチがいっぱい

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告