シンドラーのリスト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シンドラーのリスト

1994年2月26日公開,0分
  • 上映館を探す

第二次大戦下、1200人のユダヤ人をナチスの虐殺から救った実在のドイツ人実業家の姿を、ドキュメンタリー・タッチで描いた大作。第66回アカデミー賞では最優秀作品賞・監督賞ほか、7部門を受賞した。トマス・キニーリーの同名ノンフィクション小説を「レナードの朝」のスティーヴン・ザイリアンが脚色し、「ジュラシック・パーク」のスティーヴン・スピルバーグが映画化。製作はスピルバーク、「ジュラシック・パーク」のジェラルド・R・モーレン、「ソフィーの選択」でプロダクション・デザイナーを務めたブランコ・ラスティグの共同。エグゼクティヴ・プロディーサーは、スピルバーグ作品のほとんどを手がけているキャスリーン・ケネディ、撮影はヤヌス・カミンスキー。音楽は、監督とは14度目のコンビとなるジョン・ウィリアムス(2)。主演は「ダークマン」のリーアム・ニーソン。共演は「ボビー・フィッシャーを探して」のベン・キングスレイ、「嵐が丘」(92)のレイフ・ファインズら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

39年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。ドイツ人実業家のオスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)は、一旗揚げようとこの街にやって来た。彼は金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルン(ベン・キングズレイ)をパートナーに選んだシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。41年3月、ユダヤ人たちは壁に囲まれたゲットー(居住区)に住むことを義務づけられる。シュテルンの活躍で、ゲットーのユダヤ人たちが無償の労働力として、シンドラーの工場に続々と集められた。事業はたちまち軌道に乗り、シンドラーはシュテルンに心から感謝したが、彼の差し出すグラスにシュテルンは決して口をつけようとしなかった。シンドラーはドイツ人の愛人イングリートをはじめ、女性関係は盛んな男だった。別居中の妻エミーリェ(キャロライン・グッドール)は、そんな奔放な夫の生活を目撃し、彼の元を去った。43年2月、ゲットーが解体され、ユダヤ人たちはプワシュフ収容所に送られることになった。ゲットーが閉鎖される当日、イングリートを連れて馬を走らせていたシンドラーは、小高い丘からその様子を目撃した。親衛隊員たちは住民を家畜のように追い立て、抵抗する者、隠れようとする者、病人など、罪もない人々を次々に虐殺していった。その悲惨な光景の中、シンドラーの目に赤いコートを着た少女が隠れるところが映る。(このコートの赤はパート・カラーで示される)収容所に着任したアーモン・ゲート少尉(レイフ・ファインズ)は所内を見下ろす邸宅で、酒と女に溺れる生活を送る一方、何の感動もなく無造作に囚人たちを射殺していた。シンドラーは地獄図に耐えかねて、生産効率の向上という名目でユダヤ人労働者を譲り受け、私設収容所を作ることを許可してもらう。シンドラーは、ゲートのメイドとして働くヘレン(エンベス・デイヴィッツ)にも希望を与える。44年、敗色濃いドイツ軍は、ユダヤ人をアウシュヴィッツをはじめとする死のキャンプに送り込みはじめた。シンドラーはチェコに工場を移すという理由で、ユダヤ人労働者を要求する。急ぎリストアップされたのは1200人。途中、女性囚人がアウシュヴィッツへ移送されたが、シンドラーは役人にワイロを渡し、彼女たちを救い出す。彼の工場は武器弾薬の製造にも、徹底して不良品を作ることで抵抗する。やがて45年、ドイツ無条件降伏。ユダヤ人は開放された。ユダヤ人たちの感謝の念と涙に見送られながら、″戦犯″であるシンドラーは彼らに別れを告げた。

作品データ

原題
Schindler's List
製作年
1993年
製作国
アメリカ
配給
UIP
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.4
  • fig262

    2020/5/10

    お金がものすごくかかってると分かる。とてつもないエネルギー。白黒の映画って、必然性がない時もあるけど、この作品は本当に白黒で良かった。時々単色も現れるし(自分お目がおかしくなったのかと思う)、ラストはカラーで、ものすごく意識的に使ってるなって

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ns_hind

    4
    2012/9/2

    1939年9月 ドイツ軍はポーランドを制圧。ドイツ人:オスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)は、単身起業、ユダヤ人計理士:イザック・シュターン(ベン・キングズレー)を雇いホーロー鍋の生産を営んでいた。やがてアーモン・ゲート少尉(レイフ・ファインズ)を取り込んで工場としてシンドラー収容所を設立する。

    210分以上というあまりの長さから観るタイミングを逸していた作品。商人勘の良さと取り入る事の上手さにより成功していった男が、当然のようにユダヤ人の会計士を救い、やがて1000人以上もの人々を守っていった物語。モノクロ・ヒューマン。

    長尺なれどまったく退屈を感じず作品世界に没入できました。賞うんぬんより観て感じるべき物が多い作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • yuzu

    4
    2011/4/6

    「シンドラーのリスト」はオーストリアのノンフィクション作家トーマス・キニーリーの原作をもとに、スティーヴン・スピルバーグ監督によって制作された、第66回のアカデミー賞、作品賞以下7部門を独占した作品です。第2次世界大戦時のナチス・ドイツによるユダヤ人の虐殺の中、ナチの党員、チェコ生まれのドイツ人実業家オスカー・シンドラーが1,100人以上ものユダヤ人の命を救った実話を描いています。基本的にモノクロ作品で、これはスティーヴン・スピルバーグ監督の「戦争を記録したフィルムはモノクロだからその方が説得力があるだろうという考えによるものだそうですが、一部赤い服の女の子、蝋燭の赤い炎などカラーが採用され、強いメッセージを感じる作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告