コリーナ、コリーナ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

コリーナ、コリーナ

1994年12月17日公開,0分
  • 上映館を探す

母の死に衝撃を受けて口をきかなくなった少女と途方に暮れる父親。2人の家庭に颯爽と現われて持ち前の陽気さと機転、そして音楽への鋭い感性で明るく勇気づける家政婦の姿を、涙と笑い豊かに描いたヒューマン・ドラマ。製作・監督・脚本は、舞台女優出身で本作がデビューとなるジェシー・ネルソン。物語は彼女の自伝的色彩が強く、幼くして母親を亡くした彼女を優しい愛情で包んでくれた黒人女性の思い出が下地となっている。製作はネルソン、ポーラ・マズール、スティーヴ・ティッシュの共同。撮影は「ペイルライダー」などクリント・イーストウッドとのコンビで知られるブルース・サーティーズ。音楽はオリジナル・スコアをリック・コックスか書き、ビリー・ホリデイ、ダイナ・ワシントン、ルイ・アームストロングなどのジャズのスタンダード・ナンバーが効果的に使われている。美術はジャニーヌ・クラウディア・オップウォールが手掛け、アンティークな香り漂う美術デザインも見どころの一つ。″親しい者との死別の悲しみと、その癒し″という普遍的なテーマを見事に血肉化した主演は、「天使にラブ・ソングを」2部作のウーピー・ゴールドバーグ。共演は「男が女を愛する時」に続き2作目となる子役のティナ・マジョリーノ、「不法侵入」のレイ・リオッタ。また、「天国は待ってくれる」「コクーン」のベテラン、ドン・アメチが滋味深い演技を見せ、本作の撮影終了日に亡くなり彼の遺作となった。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

7歳のモリー・シンガー(ティナ・マジョリーノ)は、母親が死んだショックで口をきかなくなり、父親のマニー(レイ・リオッタ)は途方に暮れる。彼は、仕事に出ている間に家事一般をこなし、モリーの面倒を見てくれる家政婦を捜し、面接に次ぐ面接でミリー・ジョーンズ(ジョーン・キューザック)を採用。ミリーは得意の料理の腕を奮うばかりか、妻の役割の全てを果たそうとマニーのベッドに這い上がり、お払い箱に。次に黒人女性のコリーナ・ワシントン(ウーピー・ゴールドバーグ)が面接に現われ、オレンジをモリーに放った彼女にモリーが投げ返すのを見たマニーは、彼女を採用する。だんまりを決め込むモリーに陽気に接するコリーナの不思議な魅力に、彼女は次第にひかれていく。「ママは天国からモリーを見守っている」というコリーナの言葉に安心した彼女は、笑顔と言葉を取り戻す。マニーは娘の好転を喜ぶ一方、広告の作曲の仕事に行き詰まっていた。音楽に造詣が深いコリーナは優れた洞察力と的確な助言を示し、感心したマニーは今まで以上に彼女に感謝と信頼を寄せる。モリーは2人が心を通わせていくのを喜び、3人が家族になることを願う。独身のマニーを心配した上司のシド(ラリー・ミラー)は、彼にジェニー(ウェンディ・クルーソン)という女性を紹介し、彼女はひと目で彼を気に入る。コリーナは姉のジェヴィナ(ジェニファー・ルイス)に、男友達のアンソニー(スティーヴン・ウィリアムス)とちゃんと付き合うように忠告されるが気が進まない。一方、コリーナが協力した曲がCMに採用され、マニーはお礼に花束を贈る。2人のムードは高まるが、積極的にモーションをかけてくるジェニーの登場でぶち壊しに。コリーナは一人身を引く決心をする。そんな折り、大好きだった祖父ハリー(ドン・アメチ)が亡くなり、モリーは夫の死を嘆く祖母エヴァ(マリカ・ヨーン)にゴスペルを歌って慰める。モリーは父親に必死に訴え、マニーも自分が彼女を本当に必要としていることに気づき、コリーナの元へ向かった。

作品データ

原題
Corrina, Corrina
製作年
1994年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • みるみる

    3
    2019/6/13

    黒人メイドと子持ち白人主のラブストーリー。ウーピー・ゴールドバーグが出てるだけで見ようかな、と思ってしまいますね。
    モリ―役のティナ・マジョリーノの可愛い事!笑えばこちらまでウキウキするし泣くとこっちも悲しくなる。演技してますじゃなくて自然体な感じがとてもよかった。
    お話としてはよくある話だけどずっとジャズとかゴスペルが流れてて気持ちのいい映画でした。アメリカンな誕生日パーティーの様子や豪邸、車とかファッションも素敵でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告