映画-Movie Walker > 作品を探す > ベビイお目見得

「歓呼の嵐」「可愛いマーカちゃん」出演のシャーリー・テンプルが主演する映画でジェームズ・P・ジャッジの原作を「戦争と母性」のフィリップ・クラインと小エドワード・E・パラモアが共同脚色し、「流れる青空」のハリー・ラックマンが監督し「友情の曲線」のL・ウィリアム・オコネルが撮影した。テンプルを囲って「水兵上陸」「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンと「断崖の砲火」のクレア・トレヴァーが共演するほか、「米国の暴露」のアラン・ダインハート、「世界大洪水」のラルフ・ハロルド、レイ・ウォーカー、ドロシー・リベーア等が助演している。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

エディー・エリスンがシング・シング刑務所を出る日が来た。一年半というもの彼の出獄を待っていた愛人のケイはいそいそと出迎えに赴いた。列車の中でケイはエディーを検挙して刑務所入りをさせた私立探偵ウェルチ、同じ列車でシング・シング刑務所へ護送されるラリイ・スコット、と遇然同席する。ウェルチは美しいケイに想いを寄せ、エディーの様な前科者と結婚するのは止せと勧めるが、ケイは言下に之を却けて了う。改心して出獄したエディーと共にケイはナイヤガラへ新婚旅行に赴いた。そしてニューヨークへ帰ると真人間となったエディーは富豪カースン家のお抱えの自動車運転手となり、彼等の家庭にはシャーリイという可愛い女の子も生れ、夢の様な幸福な月日が流れた。シャリイの満五才の誕生日近く、ラリイ・スコットは出獄して正道を歩む決心をしてエディーに就職口を世話して呉れと頼んだ。エディーは早速自分の主人カースンに同じ様にお抱え運転手に採用して貰った。その後「ピストル」と綽名をとった兇暴な悪漢ストーンがシング・シング刑務所を出たが、出ると早速彼はエディの主家たるカースン家に忍び入り、莫大な価格の真珠の首飾を盗んだ。これをエディーとラリイが共謀して盗んだものと早合点したのは例の私立探偵ウェルチで、早速カースン家に乗込んで、エディーとラリイが前科者であると暴露した。そこで二人は馘首された。その日がシャーリイの誕生日だった。そしてエディーはアパートの屋上で誕生の祝宴を催した。翌日、ストーンは誕生日の賜り物だといって、盗んだ真珠をシャーリイに渡した。それを硝子玉だと思ったシャーリイが父のエディーのポケットに入れたので、エディーは青くなったが、その夜ストーンは取戻しに出て悪運尽きて捕えられ、シャーリイは真珠を発見したので懸賞金五千弗を貰い、正直者であると判ったエディーとラリイは再び就職が出来た。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Baby, Take a Bow
製作年 1934年
製作国 アメリカ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ベビイお目見得

ムービーウォーカー 上へ戻る