ジャンヌ・ダーク|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャンヌ・ダーク

1950年6月30日公開,100分
  • 上映館を探す

祖国フランスを滅亡の危機から救いながら、国王はじめ貴族たちに背を向けられ、神への信仰を棄てなかったため教会から焚刑に処せられねばならなかったジャンヌ・ダークの悲劇を映画化した史劇。イングリッド・バーグマンがジャンヌ・ダークに扮し、製作費460万ドル、2時間30分という当時としては空前の大作だった。マックスウェル・アンダーソンの舞台劇「ロレーンのジョーン」を映画化したもので監督はヴィクター・フレミング。ホセ・フェラーがシャルル7世に扮しデビューした。撮影はジョゼフ・ヴァレンタイン、ウィリアム・V・スコール、ウィントン・ホックの3人で、色彩撮影賞を受賞。ウォルター・ウェンジャー製作のシエラ・プロ作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1429年の末頃、英仏間の戦争は日に激しくなり、最後の牙城とたのむオルレアンも敵の包囲に陥り、フランスは劣勢だった。小さな農村に生まれた信仰深い17歳の少女ジョーンは祖国の運命を誰よりも憂いていた。神の啓示を感じたジョーンは失意の皇太子を説得し、救国の陣頭に立った。兵士の士気は上がり、一撃にオルレアンの敵を粉砕し、皇太子はランスでフランス国王の座についた。破竹の勢いでパリ城外に迫ったジョーンは新王シャルル七世の出馬を待つが、戦乱に倦んだ王は休戦の決裁をする。英軍がフランスにいる限り、休戦も平和も考えることができないジョーンは、神の御心は戦争遂行にありと信じて軍を進めたが、コンピエーヌで敵に捕えられ、宗教裁判にかけられる。判事たちは異端者としてジョーンを葬り去ろうとするが、神のみを信じるジョーンは屈しない。火刑を迫られ、遂に改悛の宣誓書を書かされるジョーンだが、その夜、激しい悔恨に身もだえし、己の進むべき道を悟る。前言を取り消し、1431年5月30日、わずか19歳のうら若い身でジョーンは火刑台に上がる。この火の中を通り抜けた先には、神の温かい御胸が待っているとジョーンは信じて疑わなかった。

作品データ

原題
Joan of Arc
製作年
1948年
製作国
アメリカ
配給
RKO
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • たっかん

    3
    2016/7/16

    イングリッド・バーグマンのジャンヌ・ダーク映画の第一作。
    イタリア渡る前のハリウッドで製作されたヴィクター・フレミング監督作品。
    ヴィクター・フレミング監督が作った映画なので、雰囲気が『風と共に去りぬ』にそっくりである(笑)

    ジャンヌ・ダルク映画は、古いところでは『裁かるるジャンヌ』を学生時代に観て、その後はロベール・ブレッソン監督作品『ジャンヌ・ダルク裁判』、そして本日続けて2作品観たイングリッド・バーグマン主演の『火刑台上のジャンヌ・ダルク』と本作など多数あるが、この映画はジャンヌ・ダルクが農村の少女から聖女として闘って裁判~処刑という生涯を描いているあたりは評価されて良いのではないだろうか。

    ただ、もの凄い傑作か、といえば、さほどではなく、まずまずの映画である。

    レンタルDVDで観たが、フィルム起こしのDVDのようで、フィルム切り替えタイミングを表示する穴が目立っていた(笑)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告