TOP > 映画作品を探す > 殺しの外交特権

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

殺人を犯しながらも外交特権を利用して法をくぐり抜ける男を、殺された娘の父親が復讐を誓って執拗に追いかけるアクション・ムーヴィー。クラウス(トム・ブレズナハン)は、女性の悶絶する表情をもとに絵を描く変質的な嗜好を持っていた。その毒牙にかかって、ガールフレンドのエレンは運悪く殺されてしまう。外交特権を駆使してクラウスの不始末を処理してきたクラウスの友人で、彼の母親の愛人である外交官ノール(クリストファー・ニーム)の手際で、彼らは故国パラグアイに脱出した。しかし、エレンの父親で軍人のコール(ブルース・ボックスライトナー)は、職を投げうって仇討ちのために彼らを追う。政府を抱き込んで身構えるクラウスたちとコールの闘いが繰り広げられる。

作品データ

原題 Diplomatic Immunity
製作年 1991年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 殺しの外交特権