誘惑のアフロディーテ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

誘惑のアフロディーテ

1996年12月14日公開,95分
  • 上映館を探す

可愛い養子の実の母親探しが、思わぬ騒動へと発展してしまう様を描いたロマンチック・コメディ。監督・脚本・主演は「ブロードウェイと銃弾」のウディ・アレン。製作は「アニー・ホール」以来の全作を手掛けるロバート・グリーンハット、エグゼクティヴ・プロデューサーはジーン・ドゥーマニアンとJ・E・ボーケア、共同製作・プロダクション・マネージャーはヘレン・ロビン、撮影は「ハンナとその姉妹」以来アレン作品のほとんどを手掛ける名匠カルロ・ディ・パルマ、美術は「ラジオ・デイズ」以降全作を手掛けるサント・ロカスト、衣裳はそのロカストの助手を経て「ブロードウェイのダニー・ローズ」以降全作を手掛けるジェフリー・カーランド、編集は「マンハッタン」以来の常連スーザン・E・モースで、アレン作品の常連スタッフが集結。共演は「フランケンシュタイン」のヘレナ・ボナム・カーター、本作でアカデミー助演女優賞を受賞して一躍注目を集めた「クイズ・ショウ」のミラ・ソルヴィーノ、「愛のめぐりあい」のピーター・ウェラー、久々の映画復帰となった「ライムライト」などの名女優クレア・ブルーム、「アマデウス」のF・マーレー・エイブラハム、「陽のあたる教室」のオリンピア・デュカキス、「ブロードウェイと銃弾」のジャック・ウォーデンほか。音楽監修とオリジナル演奏はディック・ハイマンとそのオーケストラ、コーラスが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

コロスの長(F・マーレー・エイブラハム)がレニー・ワインリブの悲劇の開幕を告げる。レニー(ウディ・アレン)はスポーツ・ライター、妻アマンダ(ヘレナ・ボナム・カーター)との間に子供はいない。アマンダが彼の反対を無視して養子をもらってしまうと、レニーは子供をマックスと名付け、アマンダの母(クレア・ブルーム)も驚く徹底した親馬鹿ぶりを発揮した。マックスは利発でハンサムで性格も最高の子供に育った。画廊につとめるアマンダに独立話が持ち上がり、後援者のジェリー・ベンダー(ピーター・ウェラー)と彼女の仲が気になるレニーは気まずい思いをする。彼はマックスの親は遺伝からいってさぞ理想的な人物のはずだという思い込みに取りつかれる。コロスは父を殺し、母と枕を交わしたオイディプス(ジェフリー・カーランド)の悲劇になぞらえて彼の軽率を警告する(かくして精神分析という産業が生まれた、とコロスは言う)が、レニーは好奇心を抑えきれずその母の消息を尋ねる。果して相手はなんと娼婦のリンダ・アッシュ(ミラ・ソルヴィーノ)。話をするだけのつもりだったレニーはすっかり彼女に圧倒され、なぜか彼女が忘れられず、彼女のアパートに通い、やがて親しい友人で相談相手になってしまう。リンダは女優志望だというが、出演はポルノ映画ばかり、ところが彼女はそれを何とも思っていない。レニーはバスケットボールの試合のキップをエサにリンダを娼婦の元締めから解放してやり、ボクサーの卵でタマネギ農家出身の純朴なケヴィン(マイケル・ラパポート)とお見合いまで設定、二人は恋に落ちる。一方レニーは浮浪者に扮した盲目予言者テレシウス(ジャック・ウォーデン)に、アマンダがジェリーの愛人になったと告げられる。レニーとアマンダは別居する。ケヴィンはリンダが娼婦だと知って怒って田舎に帰ってしまった。レニーは失恋したリンダを訪ね、ついに彼女と寝てしまうが、そのとき突然アマンダへの愛を自覚する。その頃アマンダも突然自分が愛しているのはジェリーではなくレニーだと気がつく。かくして夫婦は元のサヤに収まる。リンダはケヴィンの田舎を訪ねるが、追い返される。ところが帰り道、コロスが「ところで、デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)と言えば」と呟くと、突然彼女の目の前にヘリコプターが不時着。彼女はパイロットを車で送ってやる。彼は寛大な男で、彼女の過去を笑い飛ばして彼女と結婚した。そこへ予言者テレシアスが登場、秘められた意外な事実を明かす。実はリンダはレニーとの一度のセックスで妊娠した。彼女はその子を夫の子として出産していた。ある秋の午後、大きな玩具店でマックスを連れたレニーと、娘を乳母車に乗せたリンダがばたり出会った。二人はお互いに、相手が連れているのが自分の子だとは気づかないまま、挨拶を交わして別れていった。コロスは人生悲劇ばかりではないが、妙なことはいっぱいあると結論づけ、ミュージカル・ナンバー『When You're Smiling』を歌い、踊り始める。

作品データ

原題
Mighty Aphrodyte
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士(アミューズ=松竹提供)
上映時間
95分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • 邪魔なハット

    3
    2008/5/9

    ウディ・アレンの映画は面白いけど、どちらかといえば、彼自身は好きじゃない。
    演技はいつも同じ感じで、役柄の区別がつかない。

    ミラ・ソルヴィーノはすごい女優だ。
    作品を選ばない。というか、大作でもインディーズ系でも、アクションでもホラーでもコメディーでも、何でもやってしまうのが、頭が下がる。
    この作品ではオツムの弱い金髪、リンダを演じてアカデミー助演女優賞獲ったけど、あんな可愛らしい女性があんな経歴を歩んできたという設定は納得できない。
    でも、それが映画だ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • かなり悪いオヤジ

    4
    2008/3/24

    ギリシャ神話をモチーフにした本作品は、皮肉たっぷりのブラックなオチが魅力の作品だ。養子にとった子供がめちゃくちゃ優秀で、その親に興味をもって探し出したら、なんとポルノ映画にも出演していた筋金入りの娼婦リンダだった。ハーバード大出のミラ・ソルヴィーノにこんな娼婦役をやらせること自体かなりの冒険であり、スポーツなどまるで興味の無さそうなウディ・アレンのスポーツ・ライター役同様、悪意に満ちたキャスティングだ。

    『タロットカード殺人事件』に登場した幽霊記者と同じような、レニー(ウディ・アレン)の妄想の中に登場するギリシャ人とのとぼけた会話がおもしろい。レニーの恋の行方を占う予言とも指南とも単なる邪魔ともとれる摩訶不思議な雰囲気をかもし出している。

    子供の親を探すはずがいつのまにかリンダに男を紹介する話にすりかわってしまい、ドタバタの最中ベットを共にしてしまうレニーとリンダ。虚弱体質に見えても意外とあっちの方は強そうなウディとソルヴィーノのキスシーンは必見だ。離婚危機にあったレニーも結局元のサヤにおさまりリンダと偶然再会するラストシーンが、またまた皮肉たっぷりの終わり方をしている。洗練された都会的な映像の中で、ひたすら毒を吐き続けるウディ節健在の1本だ。

    最近のウディ・アレン作品を見ていると、どうも毒気がかなり薄れてきてしまったような気がするが、年齢のせいかなぁ?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告