映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 愛の決断

「秘めたる心」のエドウィン・H・ノッフが1945年に製作した恋愛メロドラマ。マーシャ・ダヴェンポートの同名のベストセラー小説を「キスメット(1944)」のジョン・ミーハンと「クオ・ヴァディス」のソニア・レヴィーンが協同で脚色し、「零号作戦」のテイ・ガーネットが監督した。撮影は「ゼンダ城の虜(1952)」のジョゼフ・ルッテンバーグ、音楽は「キスメット(1944)」のハーバート・ストサートの担当。主演者グリア・ガースン「フォーサイト家の女」に共演するのは「パラダイン夫人の恋」のグレゴリー・ペック、以下「復讐の二連銃」のドナルド・クリスプ、「君去りし後」のライオネル・バリモア、「アリバイなき男」のプレストン・フォスター、「カーネギーホール」のマーシャ・ハントグラディス・クーパー「剣豪ダルタニアン」、レジナルド・オーウェン「印度の放浪児」、ダン・デュリエ「無宿者」、ジェシカ・タンディ「砂漠の鬼将軍」などが出演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1873年のピッツバーグ。スコット製鋼所で事故のため両足を失った父パット・ラファティー(ライオネル・バリモア)の反対をうけながらも、メイリー(グリア・ガースン)は秘かに彼女を愛するジム(プレストン・フォスター)に元気づけられ、スコット家に女中勤めをすることになった。イギリスから帰ったばかりの次男ポール(グレゴリー・ペック)は、新式の製鋼開炉をつくろうとジムとともに研究しはじめた。ある日、かねてからスコット家を憎むパットに毒づかれたとき、メイリーは静かに帰るポールを追って父の非礼を詫び、これをきっかけに2人の間に愛情と尊敬が芽生えた。長男ウィリー(ダン・デュリエ)の結婚式でボストンに行った帰り、ポールはメイリーに恋を打ち明けた。1年ほどたち、開炉の研究は失敗に終わったが、落胆したポールを励ましたのはメイリーだった。ポールはメイリーに求婚したが、身分の違いが彼女を悩ませ、それを察したスコット夫人クラリッサに勧められて、折から結婚して英国に渡るスコットの一人娘コンスタンス(マーシャ・ハント)に従って彼女も英国に行くことになった。英国で2年を過ごしたメイリーは、ポールと彼女との全てを察したスコット氏に呼び戻され、丁度起こったストライキで多忙のポールの元に帰ってきた。スコット氏は日毎悪化するストライキを切り崩すため、暴漢を利用しようとしたが、事態の重大化を憂えたメイリーの懇願によってそれは中止された。が、氏やポールと組合代表者との話し合い中、汽車で送り返したはずの暴徒が雪崩れこみ、乱闘の渦中にまき込まれたスコット、ジム、パットは犠牲となった。落胆したメイリーは家に帰り、失意のポールはルイズ・ケイン(ジェシカ・タンディ)と結婚した。それから9年、ポールとルイズの間には子供ができていたが幸福ではなかった。かねてメイリーを頼りにしていたクラリッサ夫人は自分のスコット工場の持株をメイリーに譲って世を去った。夫人の葬儀がすんでからスコット工場の存廃が問題となり、ウィリーと末弟テッドは売却、ポールとメイリーはそれに反対し、英国から出向いてきたコンスタンスが決定票をもつことになった。彼女はポールやメイリーの真心に打たれて反対に票を投じた。ルイズがメイリーの態度を非難したことからポールの怒りは爆発し、彼女に離別を告げ、彼は帰るメイリーを自ら馬車をかって送るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Valley of Decision
製作年 1945年
製作国 アメリカ
配給 メトロ日本支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 愛の決断