ノートルダムの鐘|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ノートルダムの鐘

1996年8月24日公開,91分
  • 上映館を探す

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの34作目の長編アニメーション。これまで7回以上も映画化され、“美女と野獣テーマ”の古典となった、フランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの名作小説『ノートルダム・ド・パリ』を原作に、ノートルダム大聖堂の醜い鐘つき男カジモドと美しいジプシー娘エスメラルダの触れ合いを描いた、感動のミュージカル・アニメ。中世パリの壮麗なゴシック様式を緻密に再現した美術設計、鳥瞰ショットや仰角ショットを大胆に組み合わせた画面構成、CGIを駆使したスペクタクル・シーンの迫力など、映像表現の巧みさが見どころ。監督にゲイリー・トゥルースデイルとカーク・ワイズ、製作にドン・ハーンと、「美女と野獣(1991)」でアニメ史上初のアカデミー作品賞にノミネートされたスタッフが再結集。タブ・マーフィが映画用ストーリーを書き、彼とアイリーン・メッキ、ボブ・ツディカー、ノニ・ホワイト、ジョナサン・ロバーツが共同で脚本を執筆。音楽と挿入歌の作曲は「リトル・マーメイド」「美女と野獣(1991)」「アラジン」「ポカホンタス」のアラン・メンケンで、作詞は「ポカホンタス」の『カラー・オブ・ザ・ウィンド』でアカデミー主題歌賞を受賞したスティーヴン・シュワルツ。主題歌『サムデイ』は人気コーラス・グループ、オール・フォー・ワンが歌う。美術はデイヴィッド・ゴーツ、編集はエレン・ケネシアが担当。声の出演は「フランケンシュタイン」のトム・ハルス、「陪審員」のデミ・ムーア、「フレンチ・キス」のケヴィン・クラインらの映画俳優がアニメの吹替に初挑戦している。字幕版と、劇団四季による日本語吹替版が同時公開された。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

15世紀末のパリ。街の中心にそびえ立つノートルダム大聖堂の鐘楼に、カジモド(声=トム・ハルス)という鐘つき男が住んでいた。両親は彼が赤ん坊の時に、時の権力者で最高裁判事のフロロー(声=トニー・ジェイ)に殺されたが、その時に司祭(声=デイヴィッド・オグデン・スティアーズ)との約束でフロローはカジモドを引き取った。カジモドはその醜い容貌ゆえ塔に閉じ込められ、外界と隔離されて育った。彼だけに話し掛けるラヴァーン(声=メアリー・ウィックス)、ユーゴー(声=ジェーソン・アレクサンダー)、ヴィクトル(声=チャールズ・キンブロー)の3体の石像を唯一の心の友とし、塔の上から下界を眺めて暮らす日々だったが、純粋な心は常に自由を夢見ていた。年に一度の祭の日。.浮かれ騒ぐ人々の様子に我慢できなくなったカジモドは、生まれて初めて鐘楼を抜け出した。“道化の王”コンテストで、美しいジプシー娘の踊り子エスメラルダ(声=デミ・ムーア、歌=ハイジ・モーレンハウアー)に手を引かれ舞台に上がったカジモドは、道化の王に選ばれる。人々に讚えられ有頂天になるカジモドだったが、彼が仮装をしていないことが分かると称賛は残酷な嘲笑に変わり、彼は逃げるようにしてその場を去った。腹を立てたフロローは、新しく近衛隊長に就任した勇士フィーバス(声=ケヴィン・クライン)に、カジモドをかばったエスメラルダの逮捕を命じる。だが、彼女はいかなる権力も行使できない聖域であるノートルダム大聖堂に逃げ込んだ。カジモドは醜い自分を差別せず、優しい言葉をかけてくれたエスメラルダに初めての愛を感じ、彼女を逃がした。一方、エスメラルダの美しさに邪悪な欲望を感じたフロローは、兵士たちに彼女の捜索を命じる。民家に火を放ち、街の人々を迫害するフロローのやり方に憤激したフィーバスは、罪なき人々を助ける。フロローに命を狙われ重傷を負った彼は、エスメラルダに救われ、大聖堂に逃げ込む。二人の間に恋が芽生えたことを知ったカジモドは、これまで経験したことのない心の痛みを感じながらも、愛するエスメラルダのためにフィーバスをかくまう。フロローは、エスメラルダの隠れ家である“奇跡の法廷”を襲撃する計画をわざと漏らし、危険を知らせようとするカジモドとフィーバスの後をつけ、全員を逮捕する。幽閉されたカジモドは渾身の力で鎖をちぎると、大聖堂前の広場にはりつけにされたエスメラルダとフィーバスを助けた。フィーバスの訴えで民衆も立ち上がり、戦いがはじまる。エスメラルダを追って塔に上ったフロローは墜落し、炎の中に消えた。街には平和が戻り、人々に暖かく迎えられたカジモドは、今初めて外の世界への第一歩を踏み出した。

作品データ

原題
The Bells of Notre Dame
製作年
1996年
製作国
アメリカ
配給
ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?