映画-Movie Walker > 作品を探す > テロリスト・ゲーム2 危険な標的

多様化・複雑化する凶悪な国際犯罪に対処する国連のUNACO(国際犯罪対策機構)エージェントの活躍を描くスパイ・アクション。前作「テロリスト・ゲーム」に続き、冒険小説の巨匠アリステア・マクリーンが遺した原案に基づく「UNACOファイル」シリーズ第2作。監督・脚本は前作に続き、デイヴィッド・S・ジャクソン。製作も前作と同じ、「赤い影」「オーロラ殺人事件」のピーター・スネル。撮影はマイケル・B・ネグリン、音楽は「キングコング2」「ライオン・ハート」のジョン・スコット、美術はマーティン・ハバート、編集はエリック・ボイド=パーキンスが担当。主演は前作に続き、「ゴールデンアイ」のピアース・ブロスナン。共演も同じく前作のアレクサンドラ・ポール、「ローリング・サンダー」のウィリアム・ディヴェインほか。CATV用に作られた作品を日本では劇場公開した。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

香港の金融取引市場で原因不明の爆発事故が発生、インターネットの情報が混乱して株が大暴落し、その余波は世界の市場に及んだ。一方、アムステルダムでは世界9ヶ国での展示を終えて戻ってきたレンブラントの絵画『夜警』が巧妙な複製品とすり替えられていることが発覚。美術館は早速、事件の調査を国連に依頼した。UNACOの指令長官カドウェル(ウィリアム・ディヴェイン)は、捜査官のマイク・グラハム(ピアース・ブロスナン)とサブリナ・カーヴァー(アレクサンドラ・ポール)を派遣。捜査を進めるうちに、事件の背後に巨大な国際的陰謀が画されてることを知った2人は、その糸口を辿って香港に向かった。新婚夫婦を装った彼らは、現地のCIA捜査官マイラ・タン(イレーネ・ン)の助けを借りて美術鑑定士で実業家のシュレイダー(マイケル・J・シャノン)に接近する。『夜警』の展示会は各国の美術館の主催だったが、香港だけは彼が個人で負担していた。また、彼にはかつてシリコン・バレーの通信技師をスパイ容疑で解雇されたという過去があり、マオ・イージン(リム・カイ・シュウ)という東洋人のボディガード兼側近の謎の人物がついていた。やがて、シュレイダー邸でのパーティにもぐり込んだマイクは、隠し部屋に潜入し、本物の『夜警』をはじめ、各国の有名絵画を発見する。一方、マイラがマオの指紋採取に成功し、彼が北朝鮮共産党の幹部であることを突き止めた。だが、その直後、マイラはマオ一味によって殺される。マオこそ全ての陰謀の黒幕で、絵画マニアのシュレイダーのスポンサーとなり、贋作製作と本物とすり替える作業を手伝う代償として、彼に特殊なコンビューター・チップ爆弾を開発させていた。それを世界中の電話や端末に組み込み、衛星からの信号で登頂や爆破を行い、世界を混乱に陥れるのがマオの目的だった。マイクの率いるUNACOチームが屋敷に突入した時、マオはシュレイダーを縛って屋敷に爆弾を仕掛け、陰謀の最終段階である衛星の打ち上げを行うべく、港に準備した貨物船に向かっていた。シュレイダーを救出したマイクは、ボートで貨物船を追い、銃弾の雨をかいくぐって船に乗り込むが、衛星を積んだロケットは大空高く発射されてしまう。だが、間一髪、コントロール装置の破壊に成功してロケットは爆発。マオの陰謀は粉砕され、本物の『夜警』も戻った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Night Watch
製作年 1995年
製作国 イギリス アメリカ
配給 松竹富士
上映時間 94
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

『テロリスト・ゲーム』(2作品)

  • テロリスト・ゲーム2 危険な標的 (1996年1月13日公開)

    多様化・複雑化する凶悪な国際犯罪に対処する国連のUNACO(国際犯罪対策機構)エージェントの活躍を描くスパイ・アクション。

  • テロリスト・ゲーム (1993年9月4日公開)

    「女王陛下のユリシーズ号」などで知られる冒険小説家アリステア・マクリーンの原案をもとに、貨物列車をハイジャックしたテロリスト集団と戦う文民特殊部隊の活躍を描くサスペンス・アクション。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > テロリスト・ゲーム2 危険な標的