TOP > 上映中の映画作品を探す > 運河のそよ風

「彼女の家出」「ニューヨークの口笛」のジャネット・ゲイナーが「東への道」のヘンリー・フォンダを相手に主演する映画で、「無軌道行進曲」「宝島(1934)」のヴィクター・フレミングが監督に当たった。ウォルター・D・エドモンズの小説に基づいたふらんく・B・エルザーとマーク・コネリー共同脚色の舞台劇から「流れる青空」のエドウィン・バークが脚色した。助演者は「ジャバの東」のチャールズ・ビックフォード、「東への道」のスリム・サマーヴィルアンディ・デヴァイン及びマーガレット・ハミルトン、「あたいは街の人気者」のジェーン・ウイザーズその他で、「キャラバン」のアーチネスト・パーマー撮影。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1850年頃、ニューヨーク州の農村に育ったドンは仕事を探して、喧騒で荒っぽいエリー運河へ出てきた。かれはこんなごたごたしたところは嫌いだったが、ここで金をためて農場を買おうと思っていた。彼はサムの船で運転士の職を得て、ジョサムの船の料理女をしているモリーに会い、たった一目で好きになってしまった。モリーもこの一風変わった青年を好きだったが喧嘩好きのジョサムが争いを売ったとき、ドンがそれを避けたので、臆病な男なのかしらと疑っていた。船は運河に沿って絶えず移動する。彼らの生活もそれにつれてある時は面白い事、ある時は悲しい事、冒険や争闘に満ちていた。ジョサムは元から大酒のみの乱暴者だったが、段々高じて至る所の港で喧嘩をし、果てはモリーにまで辛く当たるので、彼女はとうとう嫌気がさして料理女を辞めてしまった。その頃ドンはサムの船で船長になっていたので、モリーは彼の船で働く事になった。若い2人は愛し合って幸せな日々が続いた。しかしドンが農場を買いたいという毎に、モリーは運河の方がよいといって争いになるのだった。ジョサムはモリーがドンの船に行ったのを怒って、ドンを殴ると追い回したが、サムがうまく会わせないようにしていた。けれどもある時2人は街上で出会った。驚いた事にドンは堂々と挑戦してジョサムを殴り倒した。俺より強い奴がいたと運河に投げ込まれた彼は感心している。ドンはモリーが百姓になるのを嫌がるので、怒って1人で帰国した。その頃運河と並んで鉄道が敷設され、船は段々寂れて行くばかりだった。1人になったモリーは農場のドンを追って、運河を見捨てて愛人の住家へ移って行った。

作品データ

原題 Farmer Takes a Wife
製作年 1935年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 運河のそよ風