サドン・デス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サドン・デス

1996年6月1日公開,110分
  • 上映館を探す

超満員の巨大ドーム競技場で、合衆国副大統領と5万人の大観衆を人質にとった凶悪なテロリスト集団に立ち向かう、不死身のヒーローの活躍を描いたサスペンス・アクション大作。監督・撮影は「タイムコップ」のピーター・ハイアムズ、主演も同作のジャン・クロード・ヴァン・ダムで、ヴァン・ダムの体を張ったアクションと、スペクタクル性豊かな演出が見もの。カレン・ボールドウィンの原案を、「ポリス・アカデミー3、4」「キング・ソロモンの秘宝」1、2のジーン・クインターノが脚色。製作は「ダブル・インパクト」「ハード・ターゲット」でヴァン・ダムと組んだモシュ・ディアマントと、「勝利への旅立ち」のハワード・ボールドウィン。エグゼクティヴ・プロデューサーはアシュ・R・シャー、サンディップ・R・シャー、アンダース・P・ジャンセン、音楽はジョン・デブニー、美術は「張込み」のフィリップ・ハリソン、編集はスティーヴン・ケンパー。視覚効果スーパーバイザーはグレゴリー・L・マクマーリー、特殊効果コーディネーターはゲイリー・エレメンドルフがそれぞれ担当。共演は「ブルースカイ」「ニクソン」のパワーズ・ブース、「フォーリング・ダウン」のレイモンド・J・バリー、「パシフィック・ハイツ」のドリアン・ヘアウッド、子役のホイットニー・ライトとロス・マリンジャーほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

全米注目のアイスホッケー・リーグ優勝戦の当日、ドームは超満員の観客で膨れ上がっていた。副大統領(レイモンド・J・バリー)も観戦するため、ものものしい警戒体制が敷かれる。その頃、元FBIのダニエル・フォス(パワーズ・ブース)を指揮官とするテロリストの一団が大量の銃器や火器、爆薬を携え、ドームに向かっていた。隠密裡に行動を開始した彼らはオーナー室に潜入すると、副大統領の一行を人質に取る。フォスは政府が凍結しているアメリカの5大銀行の17億ドルの預金の凍結を解き、指定の銀行に移すことを要求した。第1ピリオド終了までに3分の1の金が移されなければ人質を1人、第2ピリオドには2人、最後にはドームに仕掛けた爆弾により5万人の観客全員が死ぬと脅迫し、立てこもった。一方、ドームの消防管理員ダレン(ジャン・クロード・ヴァン・ダム)はそんなこととは露知らず、別れた妻と住んでいる娘エミリー(ホイットニー・ライト)と息子タイラー(ロス・マリンジャー)を会場に招いていた。巡回中の彼は異変に気づき、襲ってきた女性テロリストを倒した。異常事態を察知したダレンは、外にいるシークレット・サービスのハルマーク捜査官(ドリアン・ヘアウッド)と連絡を取るが、敵の手ごわさを知ったダレンは、単独で戦うことを決意。一方、警察も内部への突撃を試みるが、次々と阻止される。ダレンは元消防士の知識を生かし、即席の武器でテロリストを1人また1人と倒し、ドーム各所に仕掛けられた爆弾を1個ずつ解除していく。だが、信頼していたハルマークでさえもテロリストの仲間だった。延長戦に突入し、時間がないことを悟ったダレンは、ドームの天井からロープを利用してオーナー室に飛び込み、副大統領と敵に捕まっていたエミリーを救った。会場はパニックとなり、フォスは混乱に乗じてヘリコブターで逃亡しようとするが、ダレンの活躍によりヘリもろとも墜落し、あえない最後を遂げた。

作品データ

原題
Sudden Death
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
UIP
上映時間
110分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • 南なる

    3
    2009/5/13

    ヴァンダム作品にしては肉体のぶつかり合う音のしない映画です。
    格闘シーンよりも物語の展開を追っているので、オチの読めないラストシーンまでずっと楽しめます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • サクラ

    5
    2007/6/8

    消火活動中、少女と炎の中に閉じ込められ、からくも助け出されたものの少女は死亡、以来精神的に不安定になったダレン。
    退職し、スタジアムの防火責任者の職を得ている。
    ダレンは、離れて暮らす愛する息子タイラーと娘エミリーをスタンレイカップ決勝戦の試合に連れ出した。
    アイスホッケーのスタンレイカップ決勝戦を副大統領が観戦する特別室にテロリストが乱入する。
    スタジアムに複数の爆弾を仕掛け、大統領に莫大な身代金を要求する。
    エミリーは偶然殺しを目撃してしまい、拉致される。
    いなくなったエミリーを探す中、ダレンは、陰謀に気がつく。
    爆弾を解除し続けるダレンは、娘エミリーと副大統領を救うことはできるのか。
    愛する娘を助ける為に戦うお父さんは、カッコイイ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ター坊

    4
    2006/11/21

    監督 ピーター・ハイアムズ
    出演 ジャン・クロード・ヴァン・ダム、パワーズ・ブース、レイモンド・J・バリー、
        ホイットニー・ライト、ロス・マリンジャー、ドリアン・ヘアウッド、
        ケイト・マクニール他

    アイスホッケーのスタンレーカップ決勝戦の当日、ドームは超満員の観客で膨れ上がっていた。
    副大統領(バリー)も観戦するため、ものものしい警戒体制が敷かれる。
    その頃、元FBIのダニエル・フォス(ブース)を指揮官とするテロリストの一団が大量の銃器や火器、爆薬を携え、ドームに向かっていた。
    隠密裡に行動を開始した彼らはオーナー室に潜入すると、副大統領の一行を人質に取る。
    フォスは政府が凍結しているアメリカの5大銀行の17億ドルの預金の凍結を解き、指定の銀行に移すことを要求した。
    第1ピリオド終了までに3分の1の金が移されなければ人質を1人、第2ピリオドには2人、最後にはドームに仕掛けた爆弾により5万人の観客全員が死ぬと脅迫し、立てこもった。
    一方、ドームの消防管理員ダレン(ヴァン・ダム)はそんなこととは露知らず、別れた妻と住んでいる娘エミリー(ライト)と息子タイラー(マリンジャー)を会場に招いていた。
    巡回中の彼は異変に気づき、襲ってきた女性テロリストを倒した。
    異常事態を察知したダレンは、外にいるシークレット・サービスのハルマーク捜査官(ヘアウッド)と連絡を取る一方、単独で彼らと戦うのだった。
    一方、警察も内部への突撃を試みるが、次々と阻止される。
    ダレンは元消防士の知識を生かし、即席の武器でテロリストを1人また1人と倒し、ドーム各所に仕掛けられた爆弾を1個ずつ解除していく。
    だが、信頼していたハルマークでさえもテロリストの仲間だった。
    ハルマークを倒したダレン、一方試合は延長サドンデスに突入する。時間がないことを悟ったダレンは、ドームの天井からロープを利用してオーナー室に飛び込のだった…。

    ピーター・ハイアムズ監督が低迷期に入った頃に、「タイムコップ」と本作と続いてジャン・クロード・ヴァン・ダムと組んだ作品です。

    ラストのヘリの墜落シーンや閉鎖的な空間でのアクションとアクション映画的には素晴らしいですが、ハイアムズらしいチェイスシーンもなく、さらにヴァン・ダムらしい蹴りのアクションがあるわけでもなく、結果的に本作は失敗しました。

    個人的には閉鎖的アクションとラストヘリの墜落シーンだけでも面白くて好きですが、別にヴァン・ダム、ハイアムズを使わなくても良い作品だと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告