TOP > 映画作品を探す > みんな愛してる

シングル・ファーザーと2人の息子の愛情を、涙と笑いでつづったホームドラマ。「放射能X」など50年代のホラー、SF映画の名場面が劇中で使用されているのも見どころ。1974年に出版され、16か国語に翻訳されたダン・マッコールの小説を、「レナードの朝」のスティーヴン・ザイリアンが脚色し、テレビ界出身で本作が初の劇場映画となるジョン・ハースコヴィッツが監督。製作は「黄昏(1981)」などジェーン・フォンダ作品を多く手がけたブルース・ギルバート。エグゼクティヴ・プロデューサーは「運命の逆転」のロン・ヤークサ。撮影は「敵、ある愛の物語」のフレッド・マーフィー、音楽は「プリティ・ウーマン」のジェームズ・ホーナーが担当。主演は「ホッファ」のダニー・デヴィート、共演は「ビンゴ!」のロバート・J・ステンミラー・ジュニア、「二十日鼠と人間」のゲイリー・シニーズら。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1972年のカリフォルニア州オークランド。テレビ番組でホラー映画の解説をしている人気タレントのジョン・リアリー(ダニー・デヴィート)は、妻のエリザベス(アンドレア・マルコヴィッチ)を交通事故で亡くし、2人の息子を連れてニューヨークから引っ越してきた。子どもがそのまま大きくなったようなジョンは、「ジャック・ザ・ベア」の愛称で呼ばれる12歳のジャック(ロバート・ステインミラー・ジュニア)と3歳のディラン(マイコ・ヒューズ)の子育てに悪戦苦闘する。ジャックはママを亡くした寂しさと型破りなパパの存在から憂うつな毎日を送っていたが、美少女カレン(リース・ウィザースプーン)と知り合えたのはゴキゲンだった。ある時、ジョンは近所の住人でネオ・ナチ思想の持ち主ノーマン(ゲイリー・シニーズ)といざこざを起こす。ノーマンの支持する議員候補者を酔ってテレビで批判したジョンは、番組から降ろされる。ノーマンの変質的ないやがらせは続き、ついにディランが誘拐される。幸いディランは無事だったが、ショックから失語症に。ノーマンの行方は知れなかった。たまりかねた祖父母は二人を引きとるが、厳格なおじいちゃんのしつけに、ジャックはふいにパパへの強い愛情を覚える。祖父の家を出てオークランドの家にたどりついたジャックをノーマンが襲う。危機一髪の危ういところを救ったのはジョンだった。ジョンは酒も断ち、新たな生活を始める準備をする。ディランの失語症も治り、ジャックは元気よく歩きだす。親子三人の絆はしっかりと固まったようだ。

作品データ

原題 Jack The Bear
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > みんな愛してる