TOP > 上映中の映画作品を探す > 皆殺しのバラード

オーギュスト・ル・ブルトンの原作を「地獄の決死隊」のドニス・ド・ラ・パトリエールが脚色・監督した。撮影はウォルター・ウォティッツ、音楽はジョルジュ・ガルバランツが担当。出演は「地下室のメロディー」のジャン・ギャバンジョージ・ラフト、「悪のシンフォニー」のナディア・ティラー、「女王陛下のダイナマイト」のミレーユ・ダルクゲルト・フレーベほか。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ネオン眩ゆい夜のパリを支配し、黄金の密輸で名をとどろかせているポウロ・レ・ディアム(ジャン・ギャバン)は60がらみの上品な白髪をたくわえた老紳士である。彼が詮議の厳しいヨーロッパ警察の警戒網を一体どのようにかいくぐって密輸を行っているのか謎であった。彼のうしろには親友バルテル(ゲルト・フレーベ)がいて、大胆な計画を発案し、ポロと山分けした金を妻のイレーヌ(ナディア・ティラー)に湯水のように浪費させていた。しかし安泰に見えたポウロの王国は何者とも知れぬ敵の攻撃にさらされ、黄金密輸団の心臓部にあたるロンドン、フランクフルトなどの都市で一斉に機関銃の洗礼を受けた。そしてその脅威はパリにまでのび、イレーヌが誘拐され、バルテルも毎夜脅迫にあっていた。周到な計画性と執拗で強力な攻撃をみせる敵の大立物はアメリカ人、チャールズ(ジョージ・ラフト)であると、そう断言したのはシカゴ・トリビューンの記者と称してポロのもとに転がりこんでいるマイクである。チャールズは実は、アメリカ秘密警察からポウロ一味に送りこまれたスパイで、近年キューバに流れる大量の黄金の出所をつきとめる使命を持っていた。チャールズはパリに乗り込みポウロに会見を申し込んだ。2回目の会見が終わり、微笑をたたえてポウロが部屋を出た瞬間、轟然たる爆発が起きた。チャールズとその一味は黒焦げの死体と化した。しかし外に出たポウロを待っていたのはノエル刑事とマイクであった。

作品データ

原題 Rififi in Paris
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 松竹映画
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 皆殺しのバラード