映画-Movie Walker > 作品を探す > 美わしの都

「憧れの水平」に続くリチャード・バーセルメス氏主演映画で、原作はエドモンド・グールディン氏の筆になったもので氏がヴァイオレット・E・ポウエル女史と共同で脚色し「熱血の薔薇」「パリの秘密」等と同じくケネス・ウェッブ氏が監督した。主役バーセルメス氏の対手役は「俄か海賊」「ブライト・ショール」等出演のドロシー・ギッシュ嬢で、「ロモラ」等出演のウィリアム・ボウエル氏、フランク・バグリア氏、フローレンス・オーアー嬢等が助演している。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨーク・イーストサイドにイタリア人のジフルディ母子は3人で貧しく暮していた。弟のトニーは花を売って正直に商売をしたが兄のカルロは小泥棒を働いては時折まとまった金を持ってきた。何も知らぬ母は一途にカルロは働き者で弟は意気地無しと思い込んでトニーには辛く当たった。しかしトニーは心底から彼を信じてくれる利かぬ気のアイランド娘モリー・オコンナーに逢っては慰め合っていた。兄のカルロは元より心からの曲者ではなく、ニック・ディ・シルヴァという表面は中華劇場の支配人をしている悪漢に威嚇されて悪事を働いていた。ある時悪事が発覚して警官に押さえられんとした時トニーはカルロを深く愛している母の嘆きを思い遣って自ら罪を引き受けて下獄した。唯1人モリーはトニーの潔白を信じていた。刑期満ちてトニーは娑婆に出てみると兄は未だにニックの手先となっているので心痛し、ニックを殺しに行こうとしたがモリーに止められた。ニックはトニーの邪魔立てでカルロが思うようにならぬので腹を立てジラルディの住居に来て母親に聞こえよがしにカルロの悪事を言い立てようとしたので、かくては自分の犠牲も水の泡とトニーは怒ってニックに組付くとニックは拳銃を放って遁れた。母が弾を受けて重傷を負ったのでトニーは興奮してニックを追跡して格闘した。天運尽きたニックは屋根から屋根に飛び移ろうとして墜落死した。母の傷は浅かった。トニーはモリーと楽しい新婚旅行の途についた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Beautiful City
製作年 1925年
製作国 アメリカ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 美わしの都