映画-Movie Walker > 映画作品を探す > チャイニーズ・ブッキーを殺した男

マフィアに借金の返済を迫られ、その肩替わりに暗黒街のボスを殺すことを請け負う羽目になるクラブ・オーナーの姿を描くフィルム・ノワール的な感覚の作品。監督・脚本は「フェイシズ」のジョン・カサヴェテス。製作は「オープニング・ナイト」のアル・ルーバン、撮影はフレデリック・エルムスマイク・フェリス、音楽は「ラヴ・ストリームス」のボー・ハーウッドが担当。主演は「華麗なる相続人」のベン・ギャザラ。撮影はロサンジェルスの本物のナイトクラブを改装して短期間で行われ、ストリッパー役にはサンセット大通りの実際のストリッパーやプレイボーイのカヴァー・ガールらが集められ、当時デイヴィッド・ボウイの恋人だった黒人モデルのアジジ・ジョハリも出演している。

3/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

コズモ・ヴィテリ(ベン・ギャザラ)は、場末のストリップクラブクレイジー・ホースのオーナー。美しいストリッパーたちと芸人ミスター・ソフィスティケーション(ミード・ロバーツ)のショーが売り物で、店は小さいながらも繁盛している。高利貸しからの借金を返済し、街へ出たコズモだったが、プライヴェート・クラブでポーカー博に大負けして、マフィアに借金を作ってしまった。返済できないコズモに、マフィアは借金を帳消しにする話を持ちかけた。それは暗黒街のボス、チャイニーズ・ブッキーの殺害計画だった。何とか実行したコズモだったが、マフィアは最初からコズモを消すつもりでいた。コズモはマフィアに撃たれながらも逃げ延びて店に帰っていく。楽屋でもめていた芸人たちをなだめ舞台に上げたコズモは、傷口に手を添え、痛みに耐えながら夜の路上に立つのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Killing of a Chinese Bookie
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 シネセゾン
上映時間 135
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

はめられて・・・

投稿者:okara

(投稿日:2009/6/11)

いいですねー、博打で多大な借金を背負っての憂鬱で気だるい朝帰…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > チャイニーズ・ブッキーを殺した男