TOP > 映画作品を探す > 殺人紳士録

流行作家シャルル・エクスブラヤのベストセラーから、ジャック・ロベールジャン・アラン、仏映画の中堅監督レオ・ジョアノンが脚色した犯罪もので「乙女の館」のピエール・プティが撮影を、「筋金を入れろ」のマルク・ランジャンが音楽をそれぞれ担当。出演者は「フランス式十戒」のフェルナンデル、「オルフェの遺言」のアンリ・クレミュー、「審判」のモーリス・ティナック、「ミス・アメリカ、パリを駈ける」のベルナール・ラバレット、他にノエル・ロック、ロベール・ダルバンマリー・デアなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

リモルディ(フェルナンデル)は銀行の経理課員でお人好しであることだけが取柄の男。ある日、彼の人生を大きく変える事件が起こった。ジェニー(エディス・スコップ)からの恋文が届けられたのだ。彼の生活が一変、夢に描いた恋人を得て、仕事が雑になり、現金輸送係にまわされた。ところがある日、ジェニーが怪我をしたという電話を受け、輸送途中に彼女を見舞ったが、何者かの謀略でそんな事実はなく、逆にその2億フランを奪われてしまった。頭取のレクレクル(ジョルジュ・シャラマ)からも白い目でみられ、ジェニーも姿を消してしまった。自殺まで考えた彼を救ったのは、保険会社のルバスール(モーリス・ティナック)と彼の妹エディット(マリー・デア)で、彼も少しずつ元気に元気になり、強盗逮捕協力のため町を散歩することを求められた。そして数日後ジェニーを見つける。だが約束の場所には彼女の絞殺死体が待っていた。彼女が口走った男の名、マルテル(ベルナール・ラバレット)を追う彼を待っていたのも、やはり同じ手口の絞殺死体、彼の容疑は連続殺人にまでされかかるが、ルバスールの助言でそのまま捜査を進め、かつての現金輸送の相棒ベルトランのあらい出しに成功、逮捕寸前警察の裏をかいて絞殺された。だが、強盗の主犯は頭取のルクレールであることをつきとめ、リモルディは、単身頭取の呼び出しで銀行を訪れるが、何者かに殴られ気絶、正気を取り戻したときに頭取は殺されてい、あたかも彼の犯行かに見えるようにしてある。逃げよう。彼はエディットの里子先に助けを求めた。しかし、そこには2億フランの現金があり、後から駆けつけたルバスールとエディットに銃口を向けられ、彼が本当の主犯であることを小気味快げに語った。しかし、警察の捜査陣もリモルディの電話連絡で彼らの発砲より早く、到着したのだった。リモルディの孤独な姿が町角にあった。

作品データ

原題 The Murderer is in the Directory
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 殺人紳士録