TOP > 映画作品を探す > キング・オブ・ハーレー

暗い過去を背負ったおとり捜査官がカスタムメイドのハーレーに跨がり、麻薬組織撲滅に挑むバイク・アクション。監督、 脚本は「レッド・オクトーバーを追え!」などの脚本で知られるラリー・ファーガソンで、本作が監督デビュー作。多くの事件を解決してきた実在のおとり捜査官ダン・ブラック(本作の技術アドバイサーでもある)の実話をもとにしている。製作は「愛を殺さないで」のジョン・フィードラーと「キングの報酬」のマーク・ターロフ。撮影は「メイフィールドの怪人たち」のロバート・スティーヴンス。音楽はコリー・レリオスとジョン・ダンドレアが担当。主演は「ホット・ショット」のチャーリー・シーン。「クィーンズ・ロジック 女の言い分・男の言い訳」のリンダ・フィオレンティーノ、「レザボア・ドッグス」のマイケル・マドセンらが共演。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アリゾナの警官ダン・サクソン(チャーリー・シーン)は、猟銃を乱射しているアパッチ族の老呪術師まやかしチャーリー(リノ・サンダー)に自分の影に怯えて影を捨てた勇者についての神話を聞く。その事件直後、署長と対立し免職になったダンは、彼の過去を知る州検事局特捜課のブライス(コートニー・ヴァンス)に麻薬おとり捜査官として選ばれた。ダンは凶暴なリーダー、ブラッド(マイケル・マドセン)率いる、麻薬と武器の密売ルートを仕切っている暴走チームジャッカルズに潜入し、持ち前の腕と度胸で信頼を得て次々と証拠を入手することに成功するが、その一方で自分が闇の世界に引き込まれつつあることに恐怖を感じ始める。そんな中、ダンは写真家のルネ(リンダ・フィオレンティーノ)と恋に落ちた。カリフォルニア、アリゾナ、ネヴァダ三州に渡る麻薬密売組織の一斉検挙が始まり、ダンは逮捕状を手にブラッドの住むトレーラーに単身乗り込んでいった。ダンは自分の正体を明かし、ブラッドと銃で対決して見事に彼を仕留め、暴走族たちは次々と検挙されて作戦は成功となったのだった。

作品データ

原題 King of Harley
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > キング・オブ・ハーレー