映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛の奇跡(1963)

CBSーTV『スタジオ・ワン』に特別番組として放映されたものを「アルトナ」のアビー・マンが脚色、「アメリカの影」のジョン・カサヴェテスが監督した精神薄弱児問題を扱ったドラマ。撮影はジョセフ・ラシェル、音楽は「栄光への脱出」のアーネスト・ゴールドが担当した。出演は「ビッグトレイル(1965)」のバート・ランカスター、「スタア誕生(1954)」のジュディ・ガーランド、舞台出身でカサヴェテス夫人のジーナ・ローランズなど。製作はスタンリー・クレイマー

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

精神科医のクラーク博士(バート・ランカスター)は州立の精神薄弱児施設、クローソーン訓練学校の校長だった。博士は訓練と教育に重点を置き、普通の寄宿学校に近い雰囲気を作り出すという新しい行き方を採用していた。その頃ジーン(ジュディ・ガーランド)が音楽教師として赴任してきた。彼女は子供扱いがうまかったが、とりわけルービン少年とは仲よくなった。ルービンは、特別に知能の遅れている子供ではなかったが、幼稚園に通っていた頃、友だちから馬鹿扱いされたことや、離婚した両親が、あまり目をかけてくれないことなどが原因して、性格がゆがめられていた。そんな彼を母親に会わせようと、ジーンは独断で母親を学校へ呼んだ。しかし、母親は興奮して子供に会うことを拒み、博士もまた、今の状態で会わせることに反対した。帰りがけた母親をルービンは見つけた。後を追ったが追いつくはずがない。その夜ルービンは脱走した。翌朝、警官に発見され、学校へ連れもどされた。ジーンは辞職を申し出、同時にルービンを養子にしたいと言ったが博士に拒否された。ルービンの父親が学校にやって来た。その頃学校では感謝祭が行われ、朗読したルービンは仲間たちから賞讃の拍手をあびた。それをみた父親は、息子には自分で何かが出来るという自信が必要なんだということに気づいた。そして博士は言った、「小さな勝利をつみ重ねていく果てしない戦い、そして、その勝利への努力のつみ重ねこそ、この子供たちには尊いのだ」と。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 A Child is Waiting
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 松竹映配
上映時間 102
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛の奇跡(1963)