映画-Movie Walker > 作品を探す > 渡り者

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1880年代のワイオミング州。辺境の町エンポリアはジョー・ゴーア(ジョン・スミス)というボスに支配され、町に正義をもたらそうとして彼の凶弾に倒れる男は、あとを絶たず保安官もついに命を失った。そんな状況をみかねて、留置場に収容されているウェイコ(ハワード・キール)という拳銃の達者な男を即時釈放して、保安官にしたらどうかと町長に進言するものもいた。最初はとりあわなかった町長も、ある日自分の娘がカウボーイに乱暴されたのを知ると、やっとウェイコを釈放した。ウェイコには婚約者ジル(ジェーン・ラッセル)という美しい女性がいたが、彼が留置されている間に牧師のサム(ウェンデル・コーリー)と結婚してしまっていた。ウェイコはそれを知ると、町に正義をもたらそうという意気込みも消え失せた。そして代理シェリフを首にして、エンポリアの町を自分のものにしようと思いたち、昔監獄にいた時の仲間エイス・ロス(ブライアン・ドンレビー)を呼んだ。ジルはウェイコを尋ねて、町のために働くことを勧めたが、彼はとりあわなかった。一方ゴーア一味はウェイコと彼を兄の仇と狙うジェナー兄弟を殺して町をのっとる準備をしていた。また、子分を2人連れて町に来たロスは、ゴーアと戦わずに町を引きあげてしまった。いよいよゴーア一味が襲撃してくると、町の人々は必死に防戦した。牧師はウェイコをかばって重傷を負った。ウェイコはその時心を動かされ、町のために働く決心をして見事、ゴーアを倒した。彼は町の人々の熱望に応えて、輝くシェリフのバッジを胸にするのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Waco
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 渡り者