私は告白する|MOVIE WALKER PRESS
MENU

私は告白する

1954年4月15日公開,95分
  • 上映館を探す

「見知らぬ乗客」のアルフレッド・ヒッチコックが1953年に監督た作品で、ポール・アンセルムの戯曲の映画化。脚本はジョージ・タボリとウィリアム・アーチボルドの共同執筆。撮影は「見知らぬ乗客」のロバート・バークス、音楽の作曲指揮は「吹き荒ぶ風」のディミトリ・ティオムキンのの担当。主演は「終着駅」のモンゴメリー・クリフトと「人生模様」のアン・バクスターで、カール・マルデン(「欲望という名の電車」)、ブライアン・エイハーン(「大地は怒る」)、O・E・ハッセ、ロジャー・ダンらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カナダの都市ケベックの教会。ここの神父館で働くオットー・ケラー(O・E・ハッセ)は、ある夜、神父マイケル・ローガン(モンゴメリー・クリフト)に重大な告白をした。ケラーは生活苦の末、強盗を働いて弁護士ヴィレットを殺害したのだ。この事件はラルー警視(カール・マルデン)が捜査に乗り出した。ケラーは犯行のとき僧衣をまとっていたので、マイケルに疑いがかかって来た。だが聖職にある彼は、告白の内容を洩らそうとはしなかった。そのうえ、兇行の夜、マイケルが国会議員グランドフォードの妻ルース(アン・バクスター)と逢っていたこともわかって、彼への心証は益々悪くなった。ルースは無実を明かすために良人、検事、警視、マイケルらの前で、マイケルとの過ぎし日の恋を打ちあけた。2人の仲は大戦勃発で割かれ、出征したマイケルは、牧師志望の弟が戦死したので、その志をついで神父になる決心をした。そのためルースは恋をあきらめ、グランドフォードと結婚したのだが、想いはマイケルにあった。マイケルの帰還後、ルースと彼は郊外の小島へ遊びに出かけ、お互に2人の過去を清く水に流そうとしたが、折悪しく突然の嵐のため、空家で一夜を明かさねばならなくなった。翌朝、2人の前にあらわれたのは、その家の持主ヴィレット弁護士で、彼はこの逢曳き現場をネタに、以来2人を脅喝しつづけた。マイケルとルースは堪りかねて、丁度ヴィレットが殺害された晩に、その対策を相談していたのである。ーだがルースの真実の陳述も却ってマイケルを不利にした。死体を調べた結果、ヴィレット殺害の時刻は、マイケルがルースとわかれて30分後だった。マイケルは起訴され公判に附されたが、確証がないため無罪の判決を受けた。だが大衆は承知せず、マイケルにあらゆる罵声をあびせかけた。事件の真実を知るケラーの妻は、この様に堪りかねて、真相を曝露しようとしたが、ケラーに殺された。ラルー警視はケラーがこの事件に関係していることを悟り、マイケルらとともにケラーの逃げ込んだホテルへ向った。マイケルはケラーを説得しようとしたが、逆上したケラーは自らの罪をラルーの前でぶちまけ、マイケルに拳銃を射ちかけて来た。だが、ラルーの命令で、ケラーは包囲する警官の銃弾に倒れた。

作品データ

原題
I Confess
製作年
1953年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画日本支社
上映時間
95分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • まこと

    4
    2013/7/11

    シネマヴェーラ「映画史上の名作 9」で鑑賞
    併映は『紀元前百万年』…何とも不思議な取り合わせですw

    序盤は、あまりストーリーが動かず、ちょっと眠たい展開です
    しかし、主人公とルースの関係が分かる辺りから、だんだん引き込まれていきますね

    日本でも犯罪捜査における聖職者の権利というのは、ある程度守られていたはずですが、欧米では、やはり、もっと強い制約があるのでしょうねえ
    実際、こういう場合、どのように対応するのでしょう
    そもそも、キリスト教では、犯罪を犯しても、懺悔をすれば許されてしまうのか…?
    やはり、近代的な法律と宗教の間には、どうやっても相反する関係が生まれてしまうんでしょうねえ

    ちなみに日本の証言拒絶権の規定では「職務上知り得た事項で黙秘すべきもの」となっていますが…これって、かなり主観的なのでは…w
    医者や弁護士と違って、キリスト教の神父などは、信者から懺悔(告解)を受けるのも職務の内ですしねえ…
    ここら辺の感覚は、日本人では理解しづらいものがありますが…その緊張感や主人公の葛藤、苦悩などは十分に伝わってきます

    また、この時代に法廷闘争を取り上げたのもユニークな視点ですね
    リーガルサスペンス系の映画では、サンタクロースを法廷に引きずりだした『三十四丁目の奇蹟』が1947年に制作されていますが、本格的な法廷劇としては、黒澤明の『醜聞(スキャンダル)』が1950年、1954年のTVドラマのリメイクである『十二人の怒れる男』が1957年制作です
    これに対して、本作の制作が1953年ですから、「告白」というトリッキーなギミックも加味すると、かなり新鮮さを感じますね
    いかにもヒッチコックが好きそうな素材…という気がします

    現代のサスペンスと比較したら、やや物足りない所もありますが…今観ても十分に面白いし、非常に興味深い作品です
    法廷劇が好きな人なら、一度は観ておくべき映画ですね!

    ところで、お約束のヒッチコックの出演シーンですが…映画が始まってすぐに来ます
    人がまったくいない所を横切っていくので、かなり目立ってますw

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告