フィービー・ケイツの「私の彼は問題児(ドドンパ)」|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フィービー・ケイツの「私の彼は問題児(ドドンパ)」

1992年2月29日公開,0分
  • 上映館を探す

離婚の危機に瀕した若妻が、幼い時の想像上の友達を復活させ翻弄されるが、最後に自立心を得て彼から解放されるまでを描くコメディ。監督は日本初登場のオランダ出身のアート・デ・ジョン、製作は「彼女がステキな理由」のポール・ウェブスター、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ワールド・アパート」のティム・ビーヴァンと脚本兼任の2人、脚本はアンソニー・フィオグルトンの長女の空想話から想を得、カルロス・デイヴィスが共作、撮影は「死霊のはらわたII」のピーター・デミング、音楽は「愛と哀しみの旅路」のランディ・エデルマンが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い昔、エリザベスは母ポリー(マーシャ・メイソン)から王子様とお姫様のおとぎ話を聞かされて育ったが、それは嘘だと知っていた。21年後のある日、夫チャーリー(ティム・マティソン)とバッグと車と仕事を奪われたエリザベス(フィービー・ケイツ)は幼なじみで離婚直後のミッキー(ロン・エルダード)と出会った。そんな彼女を元気づけるのは、キャリア・ウーマン、ジェニー(キャリー・フィッシャー)だった。2人がアパートに戻ると、そこにはポリーが待っていた。彼女は嫌がるエリザベスを無理に実家に連れ帰る。久し振りに帰った彼女は少女時代のオモチャの中から、ビックリ箱を見つけ出し、封を開けてしまう。そこから飛び出したのは彼女の想像上の友達フレッド(リック・メイオール)だった。フレッドは自分を封印したポリーの大切なカーペットを汚したり、エリザベスに口答えをするようにし向け、車にひかれ消えてしまった。エリザベスはその夜、フレッドの存在の証人になってもらうためボートハウスに初老の上司と不倫中のジェニーを訪ねる。翌朝彼女の髪はバサバサに切られていた。フレッドの仕業だった。ジェニーが会社に出た後、エリザベスは海上で目撃したチャーリーを追って、フレッドとハウスボートを出し、沈没させてしまう。それを知った会議中のジェニーはそこにいるはずのフレッドをヒステリックに打ちのめした_つもりだったが、結果は会社中に自分のストレスと不倫を叫んだだけだった。エリザベスはミッキーと約束のディナーを共にした。彼はフレッドを憶えていた。「君が悪戯した時の言い訳に出てきたっけ」その時、フレッドが現れ、エリザベスの皿を投げ飛ばした。それを痛快に感じたミッキーも皿を投げ始め、店は大混乱となった。業を煮やしたポリーはエリザベスを精神科医へと連れていく。だがそこには4人の少年少女の想像上の友達がいて、時ならぬフリークスの大饗宴が始まった。エリザベスはやっぱりチャーリーを忘れられない。ミッキーの助けでポリーの監視を逃れ、彼の出席するパーティへ行った。別れ際、ミッキーは昔、最後に後姿を見た時、彼女こそ、と思ったと告白した。大胆なドレスを着こんだエリザベスはそこで夫のセクシーな浮気相手イザベラ(ブリジット・フォンダ)と鉢合せし夫とも会ったが、またもやフレッドのせいで大混乱となった。アパートに戻ったエリザベスの許へチャーリーが戻ってきた。2人は再出発を誓う。フレッドも精神科医の薬で消え全てはうまく行ったかに思われたが、薬が切れ性懲りもなく現れたフレッドは隣室の電話でイザベラを口説くチャーリーをさししめした。ショックを受け、倒れたエリザベスはフレッドと合体し、想像の世界へ入っていった。その摩詞不思議な精神世界で彼女は幼女時代の自分に会い、その戒めを解いてやる。フレッドとお別れの時だった。「くたばれフレッド」2人は抱擁を交わすと、彼は消えていき、エリザベスは自分自身を抱きしめていた。現実に戻ったエリザベスはチャーリーに決然と別れを告げ、母の家で彼女の孤独を理解した。ミッキーとの結婚を決意した彼女は彼の娘の想像上の友人フレッドと再会した。そして、エリザベスはその娘の気持ちを理解できるのは自分しかいないことを知っていた。

作品データ

原題
Drop Dead Fred
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
コムストック
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • 邪魔なハット

    4
    2008/9/15

    この邦題を聞いた時、センスのなさというか、そのふざけたタイトルに閉口してしまった。

    確かに興行的にも成功はしなかったし、目にしたレビューの全てで評価は低かった・・・ように思う。
    しかし、好きな作品だ。
    当時27歳だったフィービー・ケイツも輝いている。
    “パラダイス”でデビューした彼女のことは、どの作品を観ても何も感じなかったが、89年、ケヴィン・クラインと結婚して以降、素敵な女優になったと感じた(この映画は91年作品)。

    低予算。
    特撮も陳腐。
    ‘誰かにしか見えない何者か’というネタもありきたり。
    明らかにB級作品だろう。

    しかし、観終わったあとに残る、この清々(すがすが)しさはなんだろう。
    主人公エリザベス(P・ケイツ)の少女時代を演じるアシュリー・ペルドンの無邪気な演技には、愛おしさを感じずにいられない。
    エリザベスに想いを寄せるミッキー(ロン・エルダード)の‘いい奴さ加減’にも好感が持てる。
    レストランで二人が食事をするシーンは、馬鹿馬鹿しいが、個人的には笑えるし大好きだ。

    個人的に好きな女優、ブリジット・フォンダがノークレジットで出演している(上の‘キャスト’欄のところでは名前が表示されているが、映画の中ではクレジットされていない。それを本当のカメオ出演と言うのだが)のは、P・ケイツとB・フォンダがプライベートで親友だからだろう。

    キャリー・フィッシャーが急に老けていたのには驚いた。
    実は、彼女が78年の11月に“SNL”のゲストホストを務めていたエピソードを、最近久し振りに観たが、レイア姫をパロッたスケッチ(コントのこと)に出演していた時の彼女(なんとレイアが水着姿になる)の、なんと若々しく可愛らしかったことか(CM明けに映った、タバコを吸っている写真では大人の女性に見えたが)。
    それから13年でこんなに‘おばさん’になっていたので驚いたのだ。


    以下、この作品と関係ない話・・・。

    その、C・フィッシャーがホストだった時の“SNL”の放送だが、なんと、番組のオープニングは“ソウルマン(Soul Man)”を歌うブルース・ブラザースなのだ。大袈裟ではなく、伝説となっているあの映像・・・。
    そして番組の最後の、恒例の「おやすみ」の挨拶だが、フィッシャーは、

    「Good Night!」

    と二回叫んだあと、‘BB’姿のジョン(・ベルーシ)とダン(・エイクロイド)にキスをしていた。
    この週の放送が、翌年に撮影される名作“ブルースブラザース”のキャスティングへの伏線になっていたと、誰もが想像するだろうし、それを想像するのが普通というものだ。
    そう。あの‘名作’の二年前に、ジェイク&エルウッドと‘謎の女(Mystery Woman。役名はない)”は‘共演’し、キスまでしていたのだ。
    ファンにはなんとも興味深い話ではないか・・・。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告