映画-Movie Walker > 作品を探す > 私が愛したグリンゴ

革命時代のメキシコを舞台に、ふたりの男性の間で揺れ動くあるアメリカ人女性の姿を描くラブ・ロマンス。エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・ウィンスニエヴィテス。カルロス・フエンテスの原作を基に、監督・脚本は「オフィシャル・ストーリー」のルイス・プエンソ、共同脚本はアイダ・ボルトニック、撮影はフェリックス・モンティ、音楽はリー・ホールドリッジが担当。出演はジェーン・フォンダグレゴリー・ペックほか。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1913年、世間体を気にする母親(アン・ピトニアック)との生活に嫌気がさしたハリエット・ウィンズロー(ジェーン・フォンダ)は、記者会見の席で記者たちを無視して席を立った老ジャーナリスト、アンブローズ・ビアース(グレゴリー・ペック)の姿に感銘をうけ、革命に揺れるメキシコの地へ単身旅立った。混乱の中で、革命軍参謀アローヨ将軍(ジミー・スミッツ)の部下や子供たちに教育を施すことになったハリエットは、メキシコ人から“オールド・グリンゴ”と呼ばれる初老の男と親しくなり、ある日彼から恋心を打ち明けられる。実は彼こそがビアースであるが、そのことを彼女は知らない。一方で、アローヨも彼女に淡い恋心を抱いていた。そしてアローヨが、地主の邸宅を農民に開放し勝利のパーティを開いた夜、彼とハリエットは結ばれた。しかし彼は、再三の本部に戻れとの命令を無視し、邸宅を離れようとせず、独裁者と化し狂気を帯びてくる。彼に自分の若い頃を重ねあわせるビアースは、説得を試みるが、激怒したアローヨに射殺され、ハリエットの腕の中で息絶える。その時初めて彼女は、この“オールド・グリンゴ”の正体を知るのだった。ハリエットは、彼の遺体を自分の父親のそれとして引き取るために、革命軍の本部を訪ねる。折しもその日は、命令に背いたアローヨの処刑の日でもあった。銃殺の音を背後で聞きながら、ハリエットは複雑な思いを胸に、メキシコの地を去るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Old Gringo
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画=コロムビア/トライスター映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 私が愛したグリンゴ