映画-Movie Walker > 映画ランキング > 全米映画興行成績ランキング

1位の映画

先週1位

ワイルド・スピード ICE BREAK

ワイルド・スピード ICE BREAK

ド迫力のカーアクションがウリのヴィン・ディーゼル主演の人気アクションシリーズ第8弾。ディーゼル演じるドミニクがファミリーを裏切り、彼を取り戻そうとする仲間たちの戦いが描かれる。前作で敵としてファミリーの前に立ちはだかったジェイソン・ステイサム演じるデッカートが再び登場するほか、おなじみの顔も多数出演。

2位の映画

先週2位

ザ・ボス・ベイビー(原題)

3位の映画

先週3位

星4つ
美女と野獣

美女と野獣

絶大な人気を誇るディズニーのアニメ作品をエマ・ワトソン主演で実写映画化したラブストーリー。呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、彼の前に現れた娘の運命を描く。『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督が、壮大な世界観を見事に映像化し、アニメ版同様に歌あり、踊りありのミュージカル調の物語に仕立てている。

4

初登場

ボーン・イン・チャイナ(原題)

6

先週4位

スマーフズ ザ・ロスト・ビレッジ(原題)

7

初登場

アンフォゲッタブル(原題)

8

先週6位

ギフテッド(原題)

9

初登場

ザ・プロミス(原題)

10

先週28位

ザ・ロスト・シティ・オブ・Z(原題)

『ワイルド・スピード』がV2!ほか上位3位まで動きなし

先週末の全米ランキングは、人気アクション第8作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(日本4月28日公開)が興行収入3868万ドルで先週に引き続き1位を獲得した。世界興収でも9億ドルを突破し10億ドルの到達も間近で、今週末から公開される日本でのヒットも期待できる数字となった。2位と3位は『ザ・ボス・ベイビー(原題)』(日本公開未定)、『美女と野獣』(日本公開中)でこれも先週の順位と変わらない。新作は3本がランクイン。ディズニー製作で、パンダをはじめとする中国の動物や自然をとらえたドキュメンタリー『ボーン・イン・チャイナ(原題)』(日本公開未定)が514万ドルの興収で4位。7位の『アンフォゲッタブル(原題)』(日本公開未定)は、元夫の再婚を知った前妻が、新しい妻への嫌がらせをエスカレートしていくスリラーだ。前妻をキャサリン・ハイグル、新妻をロザリオ・ドーソンが演じている。興収は480万ドルだった。9位の『ザ・プロミス(原題)』(日本公開未定)は、20世紀初頭のオスマン帝国を舞台に、男女の三角関係を激動の時代背景にからめて描いた作品だ。クリスチャン・ベイルらが出演しており、興収は406万ドルを記録した。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画ランキング > 全米映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る